ドコモ・クラウドパッケージ

Cost Visualizer コストビジュアライザー

ドコモが提供するクラウドのコスト分析専門ツール

Cost Visualizerとは?

クラウドコストや、利用状況に関する情報を可視化し、分析しやすくしたAWSの『コスト分析専門ツール』です。

特徴

機能

クラウドコストの見える化

  • 請求額の
    時間推移
  • 請求額の
    割合・合計
  • RIの利用度
  • S3/Glacierの
    利用度
  • オンデマンド・RI・
    Spotの利用度
  • 消費税計算
  • RIの
    コスト再分配

AWSに関する情報

  • Spotの価格
  • S3応答速度変化
  • リージョン・AZ間の
    NWレイテンシ
  • 任意のサーバからの
    任意のリージョン・
    AZへのレイテンシ計測

ユーザの利用権限設定

  • ユーザ管理
  • グループ管理

セキュリティへの配慮

セキュリティに配慮し、SaaS型ではなく、ソフトウェアライセンスとして提供。

自社のAWS環境への構築が可能。

システム構築例
システム構築例 図

利用例

リザーブドインスタンス
インスタンスを事前予約することで、オンデマンドインスタンスに比べて時間料金の大幅な割引を受けることができるモデル

操作画面概要

操作画面 ダッシュボード

操作画面 折れ線グラフ

料金体系

  • 初年度

    19 万円(税別)

  • 2年目以降

    +4 万円(税別)

    (更新する場合)

    ※契約が継続している限り、アップデート版をご提供

お問い合わせ

導入やご質問などは、下記のメールアドレス宛にご連絡ください。
お問い合わせいただきました内容については、個別にご説明させていただきます。

info-costvisualizer-ml@nttdocomo.com