ドコモAPIを活用した共同事業開発プログラム

docomo Innovator support

お問い合わせはこちら >

docomo Innovator supportとは

ドコモAPIの活用を前提とした共同事業開発プログラムです。このプログラムを活用することで、イノベーターは、SLAの強化やカスタマイズされたAPIの利用が可能となり、差異化されたサービスを提供できるようになります。このプログラムは、私達が本気でイノベーターと向き合うという決意表明でもあります。ドコモと共に世界を変えるイノベーターを待っています。

本プログラムの流れ

お問い合わせ

ご質問やご要望など、お気軽にお問い合わせください。

SLAの強化

事業を展開する上で、サービスの安定供給は欠かせません。皆様のサービスのより安定したシステム運用をサポートするため、docomo Developer supportよりも高いSLAをご用意します。

※APIによっては、SLAの強化ができないものもございます。

SLA提供項目 内容
API監視保守体制強化

・冗長化構成

・24時間365日体制で監視

・障害発生・復旧情報を開発者に通知

APIの利用状況レポート ・サービスにおけるAPI利用状況をレポート
お問い合わせ対応 ・システム故障・障害専用問い合わせ窓口の確保
アクセス流量の確保 ・プログラムを利用したアプリケーションに対して、一定のAPIアクセス流量を確保
免責 ・APIを停止する場合は、半年前までに通知

APIの個別カスタマイズ

イノベーターの皆様の事業とdocomo Developer supportの提供APIとの相性を最適化するため、以下の個別カスタマイズを提供します。各APIで可能なカスタマイズ内容詳細については、下方お問い合わせから資料をご請求の上、ご確認下さい。

※APIによっては、個別カスタマイズができないものもございます。

API APIの個別カスタマイズ SLAの強化
画像認識
  • 【APIの分野特化カスタマイズ】

    ・任意画像データの学習及び、それによる任意の認識対象種別(カテゴリ)の新規設計
  • 【レスポンス速度向上】

    ・認識処理レスポンス速度と認識精度の最適化(レスポンス速度と精度はトレードオフ)
  • 【サービス稼働時間の向上】

    ・システム冗長化と系の自動切り替えの追加による、サービス稼働時間の向上
  • 【故障報告】

    ・故障発生翌営業日までのAPI故障(復旧)情報の報告
  • 【APIの利用状況方向】

    ・当該サービスにおけるAPI利用回数の報告
  • 【API提供終了事前通知】

    ・6ヶ月前通知

    ※トレンド記事抽出APIに関してはTwitterのOpenAPIを用いているため、Twitter社がOpenAPIの提供終了通知を6ヶ月以上前に事前通知しない場合は、事前提供終了通知が6ヶ月を切る可能性があります。

  • 雑談対話
    • 【APIの分野特化カスタマイズ】

      ・対話データの追加・削除による、独自の応答パターンの追加

      ・オリジナルキャラクタの追加による、口調の変更

    シナリオ対話
    • 【APIの分野特化カスタマイズ】

      ・オリジナルのシナリオ作成機能の解放

      ・様々なAPIとの組み合わせ機能の解放

    • 【セルフカスタマイズツールのご提供】

      ・Webブラウザベースの設定ツールの提供

    発話理解
    • 【APIの分野特化カスタマイズ】

      ・業界毎の発話コーパス・業界用語の学習及び、それによる任意の業界のタスクの新規設計
    • 【セルフカスタマイズツールのご提供】

      ・Webブラウザベースの設定ツールの提供
    トレンド記事抽出
    • 【APIの分野特化カスタマイズ】

      ・新規ジャンルの追加

      ・記事配信元の追加による、特定分野に特化した記事の配信

      ・レコメンド用辞書へ特定用語を指定することによる、レコメンド精度の向上

    • 【レスポンス速度向上】

      ・サーバースペック強化
    山座同定
    • 【APIの分野特化カスタマイズ】

      ・付加情報の追加(山の名前、標高、名称の由来等の関連情報)

    • 【レスポンス速度向上】

      ・サーバースペック強化

    FAQ