ホーム API/ツール API 山座同定

山座同定

    山座同定APIは、位置や方位等の地点情報及び撮影した画像を解析し、画像内の山の名前と稜線を返却するAPIです。

    山座同定API利用イメージ
    API
    基本情報

    山座同定

    提供 : REST


    利用条件 : あり ※1

    ※1「ガイドライン(必読)」に記載の利用条件に予め同意していただく必要がございます。

    ご利用いただくためには「アカウント登録(無料)」が必要です。

    山座同定APIとは

    位置や方位等の地点情報を用いて、そこから見える山の名前と稜線を取得できます。また、撮影画像を用いることで、山の名前と稜線をピンポイントで写真に重畳できます。

    山座同定APIは、YAMAOH※1の技術を活用することで、高速な稜線生成と高精度な写真への重畳を実現しています。現在、山の稜線は日本全土※2に対応し、山の名前は日本百名山をはじめ国内約1,000箇所に対応しています。対応している山の名前の一覧は下記よりダウンロードが可能です。

    対応している山の名前一覧表をダウンロード

    山座同定APIでできること

    ①山の名前及び稜線の取得

    位置情報(緯度、経度)、方位角、仰俯角、カメラの画角を送信することで、そこから見える山の名前及び稜線を取得できます。

    表示例

    ②写真への重畳

    位置情報(緯度、経度)、方位角、仰俯角、カメラの画角と併せて、撮影画像を送信することで、画像内の山の稜線を認識し、山の名前及び稜線をピンポイントで写真に重畳できます。

    表示例


    (※1)「YAMAOH」は、株式会社NTTドコモの商標です。
    (※2)この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用しております。(承認番号 平27情使、第1035号)

    よくあるご質問
    APIなどの各サービスに関するよくある質問を掲載します。
    お問い合わせ
    「docomo Developer support」及び「作ろうスマートフォン/iモードコンテンツ」に関するお問い合わせです。よくあるご質問や技術ブログで解決しない場合は、お問い合わせください。