ホーム API/ツール API 自然対話

自然対話

    近年、多様なデバイスがネットワークにつながっていく中で、画面のないデバイスや手がふさがっている状況で使うデバイスでは音声入出力が重要になります。そのようなデバイスでの音声対話型サービスを容易に実現するために、NTTドコモでは自然対話プラットフォームを開発しております。 docomo Developer supportでは、自然対話プラットフォームの一部をご体験いただける「自然対話API」の提供を開始いたします。これにより、開発者は音声対話型サービスを自然言語処理技術の知識なしに開発することができます。

    自然対話API利用イメージ
    API
    基本情報
    提供 : REST
    利用条件 : あり※1

    ※1「ガイドライン(必読)」に記載の利用条件に予め同意していただく必要がございます。

    ご利用いただくためには「アカウント登録(無料)」が必要です。

    リファレンスを参照するAPI機能名を選択してください

    雑談対話

    雑談対話APIとは


    雑談対話APIは、ユーザの発話テキストを受け付け、その入力に対して自然な会話となる雑談を提供します。

    雑談対話APIの特徴

    • ユーザの何気ない一言にバリエーション豊富な応答を返す、コンピュータと雑談を楽しむことができる機能です。雑談対話APIはユーザのどんな発話に対しても必ず応答します。
    • 対話における話題と文脈を認識し、大規模発話データから応答文を選択し発話します。
    • 雑談対話APIの機能概要


      雑談機能と対話例を紹介します。※対話例はイメージです。実際の動作とは異なる場合がございます。
      • 対話履歴機能

        ユーザとシステムの対話履歴に基づいて、ユーザの幅広い発話に応答することができます。

        pattern1

        ※同一のappIdを用いた場合、対話履歴は会話が終了するまで記憶されます。

      • ユーザプロフィール認識機能

        ユーザのプロフィール情報に基づいた会話をすることができます。

        pattern3

        ※天候は答えられない日もあります。

        ※ユーザのプロフィール情報は都度送信する必要があります。

      • しりとり機能

        しりとりゲームで遊ぶことができます。

        pattern4

      API利用例

      対話履歴機能の利用方法

      • 雑談対話APIを利用した対話例を示します。雑談対話APIではappIdを入力することにより、継続した対話を楽しむことができます。appIdはユーザ毎の会話のステータスを管理するのに用いられています。したがって、複数のユーザで同じappIdを使用してしまうと、別のユーザの対話の状態が引き継がれてしまうため、ユーザ毎にappId取得するようにしてください。

        対話アプリ、しりとりアプリが簡単に作成できます。また、既存サービスと連携することにより、該当サービスに対しておしゃべり機能を付与することができます。

      • pattern5
    よくあるご質問
    APIなどの各サービスに関するよくある質問を掲載します。
    お問い合わせ
    「docomo Developer support」及び「作ろうスマートフォン/iモードコンテンツ」に関するお問い合わせです。よくあるご質問や技術ブログで解決しない場合は、お問い合わせください。