ホーム API/ツール API 自然対話

自然対話

    近年、多様なデバイスがネットワークにつながっていく中で、画面のないデバイスや手がふさがっている状況で使うデバイスでは音声入出力が重要になります。そのようなデバイスでの音声対話型サービスを容易に実現するために、NTTドコモでは自然対話プラットフォームを開発しております。 docomo Developer supportでは、自然対話プラットフォームの一部をご体験いただける「自然対話API」の提供を開始いたします。これにより、開発者は音声対話型サービスを自然言語処理技術の知識なしに開発することができます。

    自然対話API利用イメージ
    API
    基本情報
    提供 : REST
    利用条件 : あり※1

    ※1「ガイドライン(必読)」に記載の利用条件に予め同意していただく必要がございます。

    ご利用いただくためには「アカウント登録(無料)」が必要です。

    リファレンスを参照するAPI機能名を選択してください

    自然対話

    自然対話APIとは

    NTTドコモでは、人間と会話ができる音声サービスや製品を開発するにあたって、開発者が自由にカスタマイズしてサービスや製品に組み込むことが可能な「自然対話プラットフォーム」を開発しております。この特徴は、音声対話システムを開発するために役立つ部品(たとえば知識検索など)を自由に組み合わせることで、目指す音声エージェントを容易に開発できるところです。docomo Developer supportでは、自然対話プラットフォームの一部の機能を「自然対話API」としてご体験いただくことができます。自然対話APIの機能は以下の通りです。


    API名 説明
    意図解釈API ユーザ発話の意図を理解し、天気、ニュース、音楽などから所望のタスクを判定します
    FAQチャットAPI データベースに登録されたFAQの質問群から、該当質問を対話で絞り込みます
    雑談対話API Webデータ等の大量のデータを利用して、さまざまな話題の雑談に応答します
    知識検索API システム内の知識データベースやインターネット上のページを調べて、質問の答えを回答します
    キャラクタ変換API 入力されたテキストを、指定キャラクタ風の話し方に変換して返します

    シナリオに沿って、フローチャートのような流れのある対話を実現することができます。ユーザーに返却する発話を全て開発者が定義できるので、利用したいシチュエーションに最適な対話システムを作成することができます。

    自然対話APIでできること

    ①会話のデザイン

    シナリオはAIML *1 という言語で記述されており、一致させるユーザの発話パターンに対してシステムの発話を記述していくことができます。下記の例では「味噌ラーメンが食べたい」というユーザの発話に対して「たまらなくうまいよねー」というシステムの返答を用意しておくことで、会話を実現します。システムから発話させることも可能で、これにより単純な一問一答ではない会話を作っていくことができます。

    また、会話表現のゆらぎなども吸収できるため、ユーザ発話に対して文脈に沿った返答を実現しています。

    会話例

    *1 Artificial Intelligence Markup Languageの略

    ②シナリオのデザイン

    自然対話では自由に会話の流れを作ることができます。例えば下記の図のような会話を考えるときに、ユーザーからの様々な返答に対して複数の返答を用意することができるため、文脈に沿った会話を簡単に作ることができます。

    会話の分岐例

    会話のフローチャート例

    ③他のAPIとの柔軟な組み合わせ

    自然対話プラットフォームはカスタマイズを前提として作られているため、自然対話APIにおいても、自然対話API間や他APIとの連携も簡単に実現することができるようになっています。 例えば、トレンド記事抽出API と連携させることで、ニュースをレコメンドする機能を付加し、返答に幅を持たせるなどの使い方が可能です。

    よくあるご質問
    APIなどの各サービスに関するよくある質問を掲載します。
    お問い合わせ
    「docomo Developer support」及び「作ろうスマートフォン/iモードコンテンツ」に関するお問い合わせです。よくあるご質問や技術ブログで解決しない場合は、お問い合わせください。