Home Terms and Conditions

Terms and Conditions

* This is the english translation of the original terms and conditions .We kindly request your understanding that the terms and conditions specified in the original Japanese format shall apply & will be treated with higher priority in case there arises any contradiction with the translated version.

Chapter 1 General Rule

(Article 1. Application of the Terms)

Your use of any docomo Developer support Function (see 2-3) provided by NTT DOCOMO, Inc. (hereinafter called “DOCOMO”) to provide an API-based Service (see 2-10) for Service Users (see 2-11) is subject to these common Terms of Use for the docomo Developer support Functions (hereafter called "the Terms") applied between you and DOCOMO.

(Article 2. Definitions)

For the purpose of the Terms, the terms used in the Terms shall have the meanings set forth in the other Articles of the Terms and given below :

  1. A “DOCOMO Service Subscriber” means an individual or an entity who has concluded an agreement with regard to the use of a service provided by DOCOMO.
  2. “docomo cloud Information” means the information that is part of the information managed by DOCOMO in connection with the services provided by DOCOMO and is set forth by DOCOMO in its Service Guidelines (see 2-12) as the information that a Supported Developer (see 2-6) may obtain by using API-based functions, which are provided through APIs.
  3. A “docomo Developer support Function” is a general term for any of the functions offered by DOCOMO to a Supported Developer pursuant to the Service Provision Agreement (see 2-5). The functions include those that enable a Supported Developer to obtain information from the DOCOMO cloud and to add information to the information managed by DOCOMO in connection with the services provided by DOCOMO (hereinafter collectively called “API-based Functions”) and the one to have DOCOMO answer inquiries that a Supported Developer may make (hereinafter collectively called “Inquiry Function”). The details of the docomo Developer support Functions shall be as set forth in the Service Guidelines and that if there is any contradiction between what the Terms say and what the Service Guidelines say, the Service Guidelines shall take precedence.
  4. “Supported Developer-added information” means the information that a Supported Developer adds to the information managed by DOCOMO with regard to the services provided by DOCOMO, using any API-based Function.
  5. A “Service Provision Agreement” means an agreement in connection with the provision of the docomo Developer support Functions concluded pursuant to the Terms between DOCOMO and an individual or an entity who wishes to use any docomo Developer support Functions provided by DOCOMO.
  6. A “Supported Developer” means a party who has concluded a Service Provision Agreement with DOCOMO.
  7. A “docomo Developer support Operation System” means any electronic computer, telecommunication equipment, or any facility prepared by DOCOMO to provide docomo Developer support Functions.
  8. The “API Specification” is a specification document for an application programming interface of the docomo Developer support Operation System and is necessary for a Supported Developer to access the docomo Developer support Operation System in order to use an API-based Function.
  9. An “API Key” means the authentication information that is necessary for a Supported Developer to access the docomo Developer support Operation System in order to use an API-based Function and that is assigned by DOCOMO to a Supported Developer pursuant to the Service Provision Agreement. Each API Key has a defined scope intended for use by the API and that each API Key is allowed to access different API-based Functions.
  10. An “API-based Service” means any service or application that a Supported Developer provides for Service Users, using an API-based Function.
  11. A “Service User” means an individual or an entity who receives an API-based Service from a Supported Developer.
  12. A “Service Guideline” is a generic term for anything set forth by DOCOMO other than the Terms, such as a condition that a Supported Developer shall follow to use docomo Developer support Functions and the descriptions of docomo Developer support Functions.
  13. The “Terms, etc.” is a generic term for the Terms and the Service Guidelines.
  14. An “SNS” means a social networking service.
  15. “Social Login” is a general term for a function that allows an individual or an entity to apply for a Service Provision Agreement, using their information registered with any of the SNSs separately specified by DOCOMO when they wish to use docomo Developer support Functions or a Supported Developer to access a “Portal Site for a Supported Developer” (see 2-(16) below) based on the authentication information sent to DOCOMO from the SNS with which their information is registered.
  16. A “Portal Site for a Supported Developer” means the web site that a Supported Developer is allowed to access in a manner separately specified by DOCOMO with a Login ID (see Article 5) issued by DOCOMO for the Supported Developer and a password registered by the Applicant (see Article 4) at DOCOMO (hereinafter, collectively called “Login ID, etc.”) or in a manner using Social Login. The web site is designed to enable the Supported Developer to register information specified by DOCOMO and to access technical information necessary for using docomo Developer support Functions and any other information such as messages.

(Article 3. Revision of the Terms, etc.)

DOCOMO may anytime revise any part of the Terms, etc. at its discretion without the agreement of Supported Developers by notifying them in advance in a manner DOCOMO determines appropriate such as posting on the Portal Site for Supported Developers. After the change is made, the newly revised Terms, etc. shall apply, unless otherwise specified by DOCOMO.

Chapter 2 Service Provision Agreement

(Article 4. Application for a Service Provision Agreement)

4-1. Any individual or an entity who wishes to use any docomo Developer support Functions provided by DOCOMO shall separately conclude a Service Provision Agreement with DOCOMO pursuant to the Terms.

4-2. Any individual or entity who applies for a Service Provision Agreement (hereinafter called an “Applicant” ) shall do so by accessing a web site separately specified by DOCOMO, agreeing to the Terms, and giving DOCOMO the necessary information in a manner separately specified by DOCOMO.

(Article 5. Creation of an account, etc.)

After DOCOMO received the application as set forth in Article 4, a Service Provision Agreement shall be deemed to be concluded between the Applicant and DOCOMO when DOCOMO notifies the Applicant of an ID necessary to log into the Portal Site for the Supported Developer (hereinafter called “Login ID”), which is deemed to the indication of acceptance of the application by DOCOMO.

(Article 6. Report of a change)

6-1. If a Supported Developer plans to change any part of the information previously reported to DOCOMO such as its name or trade name, address, telephone number, and email address (hereinafter called “Reported Information,” including the Reported Information in the usage application set forth in 18-1 and the commercial URL set forth in 19-1), the Supported Developer shall report the planned change to DOCOMO in advance in accordance with the Terms, etc. in a manner separately specified by DOCOMO. With regard to the notification from DOCOMO set forth in the Terms, etc., DOCOMO shall be deemed to have sent a notification by sending one to the name or trade name, address, or email address reported to DOCOMO (hereinafter called “Reported Contact Information” ) when DOCOMO has not received any report of the change made to the Reported Information.

6-2. When DOCOMO receives a report of change as described in 6-1, DOCOMO may ask the Supported Developer to submit an official document or any another document that proves the reported change to be true. In such a case, the Supported Developer shall provide DOCOMO with the document specified by DOCOMO upon DOCOMO’s request.

(Article 7. Notice)

7-1. Any notices to be given pursuant to the Terms, etc. from DOCOMO to a Supported Developer shall be mailed or sent by other means of communication to the Reported Contact Information, posted on the Portal Site for the Supported Developer, or delivered by any other means that DOCOMO determines appropriate.

7-2. A notice for a Supported Developer posted by DOCOMO on the Portal Site for the Supported Developer shall be deemed to have arrived at the Supported Developer after 7 days from the posting of the notice.

7-3. A notice for a Supported Developer sent by DOCOMO via email shall be deemed to have arrived at the Supported Developer at the time the email was transmitted by DOCOMO from its electronic computer. If any email sent from DOCOMO is illegible due to character corruption or any other data corruption, the Supported Developer shall immediately contact DOCOMO to ask what DOCOMO wanted to communicate.

7-4. A notice for a Supported Developer sent by DOCOMO by mail shall be deemed to have arrived at the time it should have normally arrived.

7-5. If DOCOMO has sent a notice to a Supported Developer asking to contact DOCOMO at the contact information specified by DOCOMO, and the Supported Developer has failed to do so within the period of time specified by DOCOMO, the Supported Developer shall be deemed to fall under a case prescribed by 12-2-(15).

(Article 8. Term of Agreement)

The Service Provision Agreement shall be effective from its effective date for a period of one year, and thereinafter be renewed for an additional period of one year from the day following the expiration date, unless otherwise requested by either DOCOMO or the Supported Developer no later than one month before the expiration date.

(Article 9. Non assignment)

A Supported Developer shall ensure that all or any part of its rights to or obligations for DOCOMO under the Service Provision Agreement will not be assigned to or succeeded by any third party, or pledged.

(Article 10. Succession of contractual status)

When the contractual status of a Supported Developer in the Service Provision Agreement is succeeded pursuant to a legal cause of action such as a company merger or split, any individual or entity who has succeeded to the status shall promptly notify DOCOMO to that effect along with an official document that proves the fact that causes the succession in a manner separately specified by DOCOMO.

(Article 11. Termination of a Service Provision Agreement by a Supported Developer)

A Supported Developer may terminate its Service Provision Agreement with DOCOMO by notifying DOCOMO to the effect in a manner separately specified by DOCOMO through the Portal Site for the Supported Developer.

(Article 12. Cancellation of a Service Provision Agreement by DOCOMO)

12-1. If a Supported Developer breaches any of the provisions of the Terms, etc. or the use of all or any part of the functions of the Docomo Developer support is suspended pursuant to 15-1 and the Supported Developer has not cured the cause of such default or suspension within a specified period after receiving a notice from DOCOMO requiring correction thereof within the aforesaid period, DOCOMO may automatically cancel all or part of a Service Provision Agreement and DOCOMO may claim damages for the loss incurred by DOCOMO (including but not limited to attorney’s fees, which hereinafter shall apply).

12-2. DOCOMO may forthwith cancel all or a part of the Service Provision Agreement without giving notice or demand to a Supported Developer and claim damages for the loss incurred by DOCOMO if DOCOMO determines that any of the following events should occur:

  1. The Supported Developer commits a breach of any of the provisions of the Terms, etc. and it seems difficult for the Supported Developer to correct its breaching acts in light of the nature or the state of the aforesaid breach;
  2. The Supported Developer commits a breach of any of the provision of the Terms, etc. and it seems difficult for the Service Provision Agreement to be maintained in light of the nature or the state of the aforesaid breach even if the Supported Developer provide subsequently corrects its breaching acts;
  3. The Supported Developer seems unlikely to perform any of its obligations under the Terms, etc.;
  4. The Reported Information presented to DOCOMO by the Supported Developer is found to be untrue;
  5. The Supported Developer commits a breach of any of the provisions of Articles 22- 25, or 27;
  6. The Supported Developer's API-based Service draws a lot of complaints;
  7. Any of the national or local governments, quasi-public organizations, or other public organizations asks DOCOMO to suspend the provision of docomo Developer support Functions for the Supported Developer in connection with its API-based Service;
  8. Any of the following events occurs to the Supported Developer: suspension of payment, commencement of bankruptcy procedure, civil rehabilitation proceedings, or corporate reorganization procedures, a petition for commencement of special liquidation, a disposition to suspend transactions with a clearinghouse, a provisional seizure, a preservative seizure, or a seizure of assets;
  9. The Supported Developer receives an instruction to suspend its business or a notice to revoke its license from any of its competent authorities;
  10. The Supported Developer or any of its director, auditor, or officer, or employee (including any contingent employee) is arrested or prosecuted for breach of law (in case of an individual in a non-executive position, only when it is related to the API-based Service);
  11. The Supported Developer applies for a Service Provision Agreement or uses any of the docomo Developer support Functions, pretending to be a third party;
  12. The Supported Developer inflicts a material harm or damage to DOCOMO;
  13. The Supported Developer has not used any of the docomo Developer support Functions for one year or longer;
  14. The whereabouts of the Supported Developer become unknown or the Supported Developer becomes unreachable; or
  15. For any reasonable reason other than the above, the Supported Developer is considered ineligible to receive any service pursuant to the Service Provision Agreement.

(Article 13. Addition/removal of docomo Developer support Functions)

13-1. DOCOMO may add a new function to the lineup of docomo Developer support Functions.

13-2. DOCOMO may remove all or some of the docomo Developer support Functions. In such a case, DOCOMO will notify Supported Developers of the date of removal; provided however this shall not apply to cases of urgency.

13-3. In a case prescribed in 13-2, the Service Provision Agreements relevant to the all or some of the docomo Developer support Functions to be removed will be naturally terminated on the date of the said removal.

(Article 14. Suspension of provision of docomo Developer support Functions)

14-1. DOCOMO may temporarily suspend the provision of all or some of the docomo Developer support Functions if any of the following event shall occur:

  1. Suspension of provision is unavoidable due to maintenance or construction of the docomo Developer support Operation System;
  2. A failure or any other event that makes suspension of provision unavoidable occurs in the docomo Developer support Operation System;
  3. An event such as an interruption of telecommunication service occurs, making provision of the docomo Developer support Functions difficult;
  4. Suspension of provision is urgently necessary in order to prevent a disaster or rescue someone, secure a traffic, telecommunication, power system, or any other purpose for the benefit of the public such as securing communication to maintain order; or
  5. DOCOMO determines that it is prudent to suspend the provision of all or some of the Developer support Functions.

14-2. When DOCOMO suspends provision of all or some of the docomo Developer support Functions pursuant to 14-1, DOCOMO will notify Supported Developers to that effect in a manner DOCOMO considers appropriate; provided however this shall not apply to cases of urgency.

(Article 15. Suspension of use of docomo Developer support Functions)

15-1. DOCOMO may suspend the provision of all or some of the docomo Developer support Functions for a Supported Developer without giving notice if any of the following events should occur:

  1. An even t that falls under any of the cases prescribed in 12-2 occurs;
  2. The Supported Developer commits or is likely to commit a breach of Article 24;
  3. The Supported Developer commits a breach of any other provisions of the Terms, etc.;
  4. The Supported Developer uses any docomo Developer support Functions in a manner that poses a serious problem for direct or indirect users of the function(s) (including other Supported Developers);
  5. The Supported Developer uses any docomo Developer support Functions or provides any API-based Service in a manner that poses or could pose a serious problem for Service Users or DOCOMO Service Subscribers; or
  6. In any other cases than the above where DOCOMO determines that there will be an adverse effect on the performance of DOCOMO’s business.

15-2. Notwithstanding the provisions of 15-1, DOCOMO may ask the Supported Developer to eliminate the causes of the relevant event in 15-1 within a time period specified by DOCOMO instead of or along with taking the action set forth in 15-1.

15-3. The action taken pursuant to Article 15 shall not prevent DOCOMO from cancelling the Service Provision Agreement pursuant to Article 12.

(Article 16. Effect after termination of a Service Provision Agreement)

16-1. Articles 9 , 16, 22, 24, 32, 33-2, 34, 36-39, 42, and 43 will survive the expiration, termination, and cancellation of the Service Provision Agreement.

16-2. The Supported Developer shall delete all of the information obtained from DOCOMO cloud by means of docomo Developer support Functions immediately upon expiration, termination, or cancellation of its Service Provision Agreement. In such a case, DOCOMO may delete all or a part of the Supported Developer-added information that has been added during the effective term of the Service Provision Agreement from the information that DOCOMO manages in relation to DOCOMO-provided services at DOCOMO’s discretion when DOCOMO considers it necessary.

16-3. When the Supported Developer is going to terminate the provision of all or a part of its API-based Service upon the termination of Service Provision Agreement, the Supported Developer shall inform all Service Users of the termination of the API-based Service least 30 days prior to the termination in a manner that makes all Service Users reasonably aware of its termination.

Chapter 3 Provision of API-based Functions

(Article 17. Provision of API-based Functions)

17-1. After the formal registration is completed pursuant to Article 19, DOCOMO will provide the Supported Developer with the API-based Function relevant to the API-based Service identified by the Reported Information in the usage application approved by DOCOMO for the issuance of the API Key (the Reported Information in the usage application approved by DOCOMO for the issuance of the API Key pursuant to Article 18 and the commercial URL approved by DOCOMO pursuant to Article 19 when application for formal registration of the API is necessary pursuant to 19-1).

17-2. The Supported Developer shall observe the Terms, etc. in using the API-based Function and access the docomo Developer support Operation System pursuant to the API Specification.

17-3. DOCOMO will disclose the API Specification to the Supported Developer by posting it on the portal for Supported Developers. DOCOMO may revise the API Specification at any time without the consent of the Supported Developer by notifying the Supported Developer of the upcoming revision of the API Specification and a new version of the API Specification and that the revised version of the API Specification shall apply unless otherwise specified by DOCOMO.

(Article 18. Usage application for API-based Functions)

18-1. Before starting to use any API-based Function, an Supported Developer (a Supported Developer who has filed a usage application pursuant to 18-1 is called “Usage Applicant”) shall report the following items for each API-based Service in a manner separately specified by DOCOMO: the name and details of its API-based Service, and the purposes of using the DOCOMO cloud and API-based Function, the API Key for which the usage application is filed and other items separately specified by DOCOMO (hereinafter called the “Reported Information in the usage application”). After completion of the aforesaid procedure, the Supported Developer shall file an application for the use of docomo Developer support Functions and get through the screening that might be necessary depending on the API-based Function for which the Supported Developer has filed an application. The details of the screening performed by DOCOMO are different for each API Key for which the usage application is filed by the Supported Developer. For some API-based Services, the Supported Developer needs a separate agreement on the terms of use specified by DOCOMO to apply for formal registration.

18-2. When a Supported Developer files a usage application pursuant to 18-1, DOCOMO shall determine if the usage application should be approved or not. DOCOMO may not approve the usage application if any of the following events should occur:

  1. The Usage Applicant does not satisfy or is unlikely to satisfy the conditions set forth in the Service Guidelines;
  2. DOCOMO determines that there will be an adverse effect on DOCOMO technically or on the performance of DOCOMO’s business;
  3. The use of the docomo Developer support Functions by the Usage Applicant has been suspended pursuant to 15-1 or its Service Provision Agreement has been cancelled pursuant to 12-1 or 12-2, or 41-3 or 41-5;
  4. The Usage Applicant has failed or is likely to fail to fulfill any of its obligations to DOCOMO (including obligations other than those specified under the Terms, etc.);
  5. DOCOMO determines that it has found any false information or information not based on the fact in the Reported Information.
  6. The Usage Applicant is a minor person (has not reached the age of 20);
  7. The Usage Applicant is not any of the legal entities in Japan (those including national or local public institutions and their agencies approved by DOCOMO); or
  8. In any other cases than the above where DOCOMO determines that it is not appropriate to approve the usage application.

18-3. When DOCOMO approves the usage application as a result of the screening performed pursuant to 18-1, DOCOMO will notify the Supported Developer to that effect and issue an API Key to the Supported Developer. The use of the API Key is only allowed for the purpose of testing the Supported Developer’s system used for API-based Function usage until formal registration is completed pursuant to 18-3 and a part of the functions are restricted. The Supported Developer shall not use the Docomo cloud Information it has obtained by means of the API Key for which formal registration is not completed for any other purposes than its system testing.

18-4. When DOCOMO does not approve the usage application as a result of screening performed pursuant to 18-1, DOCOMO will notify the Supported Developer to that effect. In this case, if the Supported Developer still wishes to use the API-based Function, the Supported Developer shall revise the Reported Information in the usage application and again file the usage application with DOCOMO pursuant to 18-1.

18-5. If formal registration of the API Key issued pursuant to 18-3 is not performed within a reasonable period pursuant to Article 19 (the aforesaid period shall not be suspended or extended even when DOCOMO does not approve the formal application filed pursuant to Article 19, either), DOCOMO may invalidate the API Key.

(Article 19. Application for formal registration of an API Key)

19-1. Before starting to use any API-based Function, a Supported Developer shall report the following items for each API-based commercial service in a manner separately specified by DOCOMO: the URL of the web site or the object code of application software (limited to the one to be registered on the terminal used by Service Users) and other items separately specified by DOCOMO (hereinafter called the “commercial URL, etc.” including electronic files). The Supported Developer then shall apply for formal registration of the API Key and go through a screening by DOCOMO.

19-2. When a Supported Developer files an application for formal registration pursuant to 19-1, DOCOMO shall determine if the formal registration application should be approved or not. DOCOMO may not approve the formal registration application if any of the following events listed in 18-2 should occur or either the commercial URL, etc. or the API-based Service is different from what is described in the Reported Information in the usage application.

19-3. When DOCOMO approves the formal registration application as a result of the screening performed pursuant to 19-1, DOCOMO will notify the Supported Developer to that effect and formally register the API Key issued pursuant to Article 18.

19-4. With regard to the API-based Function separately specified by DOCOMO, notwithstanding the provisions of each of the foregoing paragraphs, the API Key issued for the API-based Function shall be deemed formally registered upon DOCOMO’s approval of the usage application filed by the Supported Developer pursuant to Article 18.

19-5. When DOCOMO does not approve the formal registration application as a result of the screening performed pursuant to 19-1, DOCOMO will notify the Supported Developer to that effect. In this case, if the Supported Developer still wishes to use the API-based Function, the Supported Developer shall revise the commercial URL, etc. or the API-based Service in the application and again file the formal registration application for the API Key with DOCOMO pursuant to 19-1. If the Supported Developer does not wish to use the API-based Function, the Supported Developer shall immediately request the invalidation of the API Key issued pursuant to Article 18 in a manner separately specified by DOCOMO.

Chapter 4 Provision of an Inquiry Function

(Article 20. Inquiry to DOCOMO)

20-1. A Supported Developer may make inquiries about the API-based Function, API-based Service, docomo's “Tsukuro smartphone contents” and “Tsukuro i-mode contents” and any of the items separately specified by DOCOMO in a manner separately specified by DOCOMO through the Portal Site for the Supported Developer.

20-2. DOCOMO shall respond to the inquiries made by the Supported Developer pursuant to 20-1 in good faith. However, this shall not mean that all inquiries made by the Supported Developer will be answered by DOCOMO.

20-3. Any of the inquiries made by the Supported Developer to DOCOMO pursuant to Article 20 and the answers from DOCOMO may be publicly posted on the Portal Site for Supported Developers and other web sites separately managed by DOCOMO for the purpose of improving DOCOMO’s service quality.

20-4. DOCOMO may outsource the job of answering inquiries from Supported Developers pursuant to Article 20 to a third party separately specified by DOCOMO. In such as case, DOCOMO may provide information on and inquiries made by Supported Developers for the aforesaid third party to the extent necessary for the execution of the outsourced job.

Chapter 5 Obligations of Supported Developer

(Article 21. Responsibility of a Supported Developer)

A Supported Developer shall take responsibility for its use of docomo Developer support Functions and Docomo cloud Information, its development and provision of API-based Services and shall be fully responsible for its use of docomo Developer support Functions and docomo cloud Information and its API-based Service and Supported Developer-added information.

(Article 22. Obligations upon using API-based Functions)

22-1. A Supported Developer shall limit its use of the API-based Function and the docomo cloud Information obtained by using the API-based Function in connection with the API Key used for the API-based Function (in connection with the use of docomo cloud Information, this points to the use of API-based Function related to the acquisition of the docomo cloud Information) to the purposes specified in the Reported Information in the usage application approved by DOCOMO pursuant to Article 18 and the purposes of providing the API-based Service specified by the commercial URL, etc. approved by DOCOMO pursuant to Article 19. A Supported Developer shall not use the aforesaid API-based Function and the docomo cloud Information for any other purposes beyond those stated above.

22-2. A Supported Developer shall not modify, reverse-engineer, disassemble, decompile, translate, or perform any other analysis on the API Key.

22-3. A Supported Developer may add any Supported Developer-added information using API-based functions only upon Service Users’ request and after explicitly explaining the scope of Service Users and information to be added.

22-4. DOCOMO may delete at DOCOMO’s discretion all or any part of Supported Developer-added information added by a Supported Developer from the information managed by DOCOMO in connection with the services provided by DOCOMO when DOCOMO determines it necessary because the information includes any inappropriate content or because DOCOMO has received a request to that effect from a Service User, a DOCOMO Service Subscriber, or any other third party.

22-5. A Supported Developer shall limit its use of the API Specification to the purposes of providing API-based Service and shall not use it for any other purposes. A Supported Developer shall not copy, modify, or translate the API Specification.

22-6. A Supported Developer shall not use API-based Functions solely for the purpose of information collection.

22-7. A Supported Developer shall not disclose or divulge any DOCOMO information, the API Key, and the API Specification to a third party.

22-8. Notwithstanding the provisions of 22-6, when a Supported Developer outsources a part of the job necessary for the provision of its API-based Service to a third party, the Supported Developer may disclose the API Key, docomo cloud Information, and the API Specification to the third party only to the minimum necessary extent by imposing on the third party the obligations equal to or greater than those that the Supported Developer would assume pursuant to the Terms, etc. and on condition that the Supported Developer would monitor the third party appropriately and have it observe the aforesaid obligations. In such a case, the Supported Developer shall be fully liable to DOCOMO for any act of the third party and DOCOMO may hold the Supported Developer liable pursuant to the Service Provision Agreement, deeming the acts of the third party as those of the Supported Developer, regardless of the presence of any intention or negligence on the part of the Supported Developer.

(Article 23. Changes in API-based Service)

23-1. When a Supported Developer wishes to make a change in the Reported Information in the usage application approved by DOCOMO pursuant to Article 18 , the commercial URL, etc. approved by DOCOMO pursuant to Article 19, or the API-based Service specified by the aforesaid Reported Information and the commercial URL, etc. and approved by DOCOMO, the Supported Developer shall report in advance the details of the change and other items separately specified by DOCOMO in a manner specified by DOCOMO for each API-based Service, file an application for the change, and go through a screening by DOCOMO.

23-2. When a Supported Developer files a change application pursuant to 23-1, DOCOMO determines if the change application should be approved or not and notifies the Supported Developer of the result of DOCOMO’s determination. The details of the screening performed by DOCOMO shall be pursuant to Articles 18 and 19.

23-3. The change shall not become effective until DOCOMO notifies the Supported Developer of the acceptance of the change application pursuant to 23-2.

(Warranty of API-based Service details)

24-1. A Supported Developer shall warrant each of the following with regard to the details of its API-based Service (including the Supported Developer-added information and software related to the API-based Service as well as web sites) and its name and other relevant items (hereinafter collectively called “API-based Service, etc.”):

  1. The API-based Service, etc. will not infringe on DOCOMO’s or any third party’s copy right, patent right, utility model patent, design right, trademark, naming right, image right or any other rights or will not violate the Unfair Competition Prevention Act;
  2. The API-based Service, etc. will not damage DOCOMO’s or any third party’s name or reputation or will not violate other’s property or privacy;
  3. The API-based Service, etc. will not unreasonably discriminate or libel DOCOMO or any third party or will not encourage such practices;
  4. The API-based Service, etc. will not include any malicious programs such as computer virus or will not send or include a function to transmit them;
  5. The API-based Service, etc. will not let anyone gamble or play any other illegal games using them or will not invite anyone to do so;
  6. The API-based Service, etc. will not encourage or promote any acts to endanger the life or physical safety of users or anyone else;
  7. The API-based Service, etc. will not include any grotesque or sexual explicit content, child pornography or abuse-related content, or any other brutal or indecent content, or any content which could suggest any of them;
  8. The API-based Service, etc. will not include content designed to let users meet any unknown persons of the opposite sex;
  9. The API-based Service, etc. will not include content that invite or encourage juveniles to run away from home;
  10. The API-based Service, etc. will not consist of the content only targeting users under 15 years old;
  11. The API-based Service, etc. will not or are likely to constitute or encourage any other criminal acts or disturb public order and morality or violate a law, or fail to meet any criteria of the Service Guidelines;
  12. The API-based Service, etc. will not prevent the use or operation of DOCOMO’s or any third party’s equipment, facilities, or systems or cause a problem for the use or operation of any of them;
  13. The API-based Service, etc. will not have any function to illegally rewrite or delete information or data stored at DOCOMO’s or any third party’s facilities;
  14. The API-based Service, etc. will not help conduct any of the following acts of spam;
    1. Spam posting: an act of same or similar words or sentences in a writable space using the API-based Function;
    2. Spam words: an act of writing multiple words and phrases totally or almost unrelated to the content or write significantly long sentences or numerous words and phrases in a writable space using the API-based Function;
    3. Spam URL: an act of writing the same URL in writable spaces using the API-based Function; or
    4. Any other act that would cause the same level of trouble to users as any act of spam.
  15. The API-based Service, etc. will not be aimed at collecting personal data contained in the DOCOMO information; or
  16. The API-based Service, etc. will not have any content that could lead to a misunderstanding that the service is provided, partnered, or guaranteed by DOCOMO.

24-2. DOCOMO may, at its own discretion, request presentation of a written confirmation of the compliance of the Supported Developer with any of the preceding provisions in 24-1 and the Supported Developer shall comply with the request.

24-3. A Supported Developer shall obtain all permissions and authorizations of any third party necessary to handle Supported Developer-added information in DOCOMO’s API-based Function under its own responsibility and at its own expense.

24-4. A Supported Developer shall solve any inquiries, complaints, disputes, etc. arising between DOCOMO and a third party in connection with a fact or a suspicion that its API-based Service, etc. violate any of the provisions in Article 24-1 or 24-3 under its own responsibility and at its own expense and shall hold DOCOMO harmless.

24-5. Notwithstanding the provisions of 24-4, DOCOMO may settle a dispute, etc. with a third party prescribed in 24-4 on its own in any case where it seems reasonably necessary to do so. In such a case, the Supported Developer shall compensate the damage incurred by DOCOMO in the aforesaid dispute, etc.

(Article 25. Confirmation of API-based Service)

25-1. Even after the launch of an API-based Service, DOCOMO may anytime take an action it considers necessary including monitoring such as crawling on the API-based Service in order to confirm its compliance to the Terms, etc. or ensure the protection of rights, property, and safety of DOCOMO, Service Users, or other third parties.

25-2. If DOCOMO determines that API-based Service, etc. provided by the Supported Developer API- based service are inappropriate as a result of its confirmation conducted pursuant to 25-1, DOCOMO may request the Supported Developer to take an action such as change of the API-based Service that DOCOMO considers inappropriate together with or without an action to be taken pursuant Article 15, between which DOCOMO may make a choice and Supported Developer shall comply with the request.

25-3. If the Supported Developer understands its violation of Articles 22 to 24 or Article 27 in proving its API-based Service or receives a notice from DOCOMO to that effect, the Supported Developer shall immediately suspend its use of any API-based Function and docomo cloud Information and notify DOCOMO to that effect.

(Article 26. Preparation of equipment)

26-1. Unless otherwise provided in the Terms, etc., a Supported Developer shall prepare the equipment, software, network environment, and tests necessary for using docomo Developer support Functions and provide its API-based Service under its own responsibility and at its own expense.

26-2. A Supported Developer shall take security measures appropriate to its usage environment in order to prevent computer virus infections, unauthorized access, and leak of information.

(Article 27. Handling of Personal Information of Service Users)

A Supported Developer shall observe each of the following provisions for the handling of docomo cloud Information and any information of Service Users (hereinafter, collectively called “Personal Information, etc.”).

  1. A Supported Developer shall observe the Act on the Protection of Personal Information and other relevant laws and guidelines;
  2. A Supported Developer shall explicitly indicate to Service Users that it collects their Personal Information, etc. to the extent necessary for API-based Service provision and the purposes of such information collection (including the purpose of letting DOCOMO collect logs in API-based Services) and shall obtain Service Users’ agreement before collecting information. A Supported Developer shall limit the use of such Personal Information, etc. only to the extent necessary for achieving the aforesaid purposes; and
  3. The Personal Information, etc. obtained by a Supported Developer shall be properly managed and stored with the care of a good manager and shall not be disclosed or leaked to any third party without permission of Service Users.

(Article 28. Handling of customer information at DOCOMO)

A Supported Developer shall agree that it has no right or advantage to receive information of Service Users such as names, trade names, addresses, mobile phone numbers any other information about Service Users except docomo cloud Information that can be obtained through docomo Developer support Functions.

(Article 29. Handling of information of Supported Developer)

29-1. DOCOMO handles information of Supported Developers obtained in connection with the provision of docomo Developer support Functions in accordance with the “Privacy Policy regarding Personal Information of our Customers” separately specified by DOCOMO and the Terms, etc. The “Privacy Policy regarding Personal Information of our Customers” can be confirmed on DOCOMO’s web site.

29-2. In connection with this services, etc., DOCOMO may invite registrations for different campaigns etc. and use Personal Information of Supported Developers for the purpose of the campaigns, etc. DOCOMO asks, therefore, Supported Developers to carefully read the conditions of campaigns before registering for any of them.

29-3. DOCOMO may provide information of a Supported Developer who wishes to use a docomo Developer support Function for the right holder of the aforesaid docomo Developer support Function in order to provide the function for the Supported Developer.

(Article 30. Protection of Service Users)

A Supported Developer shall limit the provision of its API-based Service only to the Service Users who has agreed to the terms with regard to the use of the API-based Service

(Article 31. Advertisement methods, content, etc.)

A Supported Developer shall observe each of the following when running an advertisement with regard to the provision of any of its API-based Services (including on-line advertisement):

  1. A Supported Developer shall not violate any of the Act on Specified Commercial Transactions, Act on Regulation of Transmission of Specified Electronic Mail, Consumer Contract Act, Act against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations, and any other relevant laws;
  2. A Supported Developer shall not make any representation that could cause misunderstanding among Service Users and other general consumers through false or exaggerated expressions;
  3. A Supported Developer shall not make any representation that could lead to a false impression that DOCOMO is providing, partnering, or guaranteeing the service;
  4. A Supported Developer shall not make any representation that could disturb public order and morality or negatively affect public morals; and
  5. A Supported Developer shall no run any advertisement on any sites or media that include content violating a law, disturbing public order and morality, or affirming or glorifying any anti-social acts, or any sites or media designed for providing dating services such as introduction of dating partners of opposite sexes.

(Article 32. Response, etc. to inquiries from Service Users, etc.)

32-1. A Supported Developer shall establish a structure to be fully prepared to respond to complaints, inquiries, or disputes arising from Service Users or any other third parties in connection with the provision of API-based Services (hereinafter called “Dispute(s), etc. including those arising in connection with DOCOMO’s answers made based on Article 31) and shall respond to and solve any Disputes, etc. under its own responsibility and at its own expense.

32-2. A Supported Developer shall also respond to and solve any Disputes, etc. arising between DOCOMO and Service Users or any other third parties in connection with the provision of API-based Services under its own responsibility and at its own expense.

32-3. Notwithstanding the provisions of 32-1 and 32-2, a Supported Developer shall compensate the damage arising out of a Dispute, etc. and incurred by DOCOMO, including the damage arising out of an action taken by DOCOMO out of necessity.

32-4. A Supported Developer shall agree in advance that DOCOMO may disclose information of the Supported Developer such as its name or trade name, address, phone number, and other contact information to a third party if a Dispute, etc. arise between DOCOMO and the third party such as a Service User in connection with API-based Services.

32-5. When a Supported Developer receives an inquiry from a Service User or any other third party about a docomo Developer support Function other than that for API-based Services provided by the Supported Developer, it shall notify DOCOMO to that effect without undue delay.

Chapter 6 Miscellaneous

(Article 33. Authorized use of trademarks, etc.)

33-1. With a prior authorization of DOCOMO, a Supported Developer may use the trademarks, logo marks, etc. specified by DOCOMO (hereinafter called “Trademarks, etc.”). In using Trademarks, etc., a Supported Developer shall observe the guidelines with regard to the use of Trademarks, etc. separately specified by DOCOMO.

33-2. If DOCOMO determines that the use of Trademarks, etc. by a Supported Developer is inappropriate and notifies the Supported Developer to that effect or if its Service Provision Agreement is terminated, the Supported Developer shall immediately discontinue its use of Trademarks, etc.

(Article 34. Management of Login ID, etc. and API Keys)

34-1. A Supported Developer shall place strict control on its Login ID, etc., ID and password that should be necessary for Social Login (hereinafter called “SNS ID, etc.”), and API Key under its own responsibility and at its own expense and shall not let any third party use, or lend, assign, trade, or pledge its Login ID, etc., SNS ID, etc., or API Key.

34-2. If a Supported Developer is a corporate body, it shall not let anyone other than its authorized employees use its Login ID, etc., SNS ID, etc., or API Key.

34-3. When the Login ID, etc. or API Key of a Supported Developer is entered or Social Login is used at the Portal Site for the Supported Developer, it shall be deemed by DOCOMO that the said Supported Developer has used its Login ID, etc., API Key, or Social Login.

34-4. If a Supported Developer notices that its Login ID, etc. or API Key has been stolen or illegally used, or Social Login has been illegally used, etc., the Supported Developer shall immediately notify DOCOMO to that effect. In this instance, the Supported Developer shall follow any instruction from DOCOMO to take actions.

34-5. If a Supported Developer, a Service User, or any other third party suffers any damage arising out of mismanagement, misuse, or use by a third party of the Supported Developer’s Login ID, etc., SNS ID, etc., or API Key, the Supported Developer shall be held liable for the damage and DOCOMO shall have no liability for the said damage. If DOCOMO suffers any damage as a result of misuse of a Supported Developer’s Login ID, etc., API Key, or Social Login, the Supported Developer shall compensate any damage incurred by DOCOMO.

(Article 35. No warranty)

DOCOMO does not warrant any of the following to the Supported Developers with regard to any docomo cloud Information, API Key, API Specification, docomo Developer support Function, docomo Developer support Operation System and answer from DOCOMO given pursuant to Article 20, and any other information provided by DOCOMO for Supported Developers in connection with their Service Provision Agreements (hereinafter collectively called “docomo Developer support Function(s), etc.”):

  1. The docomo Developer support Function, etc. are free from defect;
  2. The docomo Developer support Function, etc. suit the specific usage purposes and applications intended by a Supported Developer or have reliability or accuracy in the context of the said usage purposes or applications;
  3. The docomo Developer support Functions, etc. can be provided at any one given point in time; or
  4. The docomo Developer support Function, etc. do not infringe any third party’s right.

(Article 36. Ownership of rights)

36-1. Any rights including intellectual property rights such as copy rights and patent rights and know-how to any docomo cloud Information, API Keys, API Specification, Service Guidelines, or other information disclosed from DOCOMO to Supported Developers (hereinafter in this article called “DOCOMO-provided Information”) shall belong to DOCOMO or third parties. Unless otherwise specified in writing, any rights shall not be transferred to a Supported Developer from DOCOMO or a third party pursuant to its Service Provision Agreement or shall not be used by or licensed by a Supported Developer in a manner not specified by its Service Provision Agreement.

36-2. A Supported Developer shall immediately notify DOCOMO of any invention it has achieved or any design it has created based on DOCOMO-provided Information and, upon such notification, shall promptly negotiate with DOCOMO to determine what are deemed necessary or reasonable, such as ownership of rights to register a patent or a utility model or design based on the said invention or creation of a design as well as licensing conditions.

(Article 37. Damages)

A Supported Developer shall compensate DOCOMO, Service User, or any other third party for any damage arising out of breach of any provision of the Terms, etc. or out of other API-based Services and incurred by DOCOMO, the Service User, or the third party, respectively.

(Article 38. No liability of DOCOMO)

38-1. DOCOMO shall have no liability for any damage incurred by a Supported Developer with regard to its Service Provision Agreement, unless there is any willful act or gross negligence on the part of DOCOMO.

38-2. DOCOMO shall have no liability for any damage incurred by a Supported Developer, Service User, or any other third party with regard to any revision of the Terms, etc. pursuant to Article 3, cancellation of a Service Provision Agreement pursuant to Article 12 or 41, removal of a docomo Developer support Function or termination of a Service Provision Agreement pursuant to Article 13, suspension of provision of a docomo Developer support Function pursuant to Article 14, suspension of use of a docomo Developer support Function pursuant to Article 15, deletion of Supported Developer-added information pursuant to Article 16 or 22, revision of the API Specification pursuant to Article 17, answers from DOCOMO pursuant to Article 20, or any other measures taken pursuant to the Terms, etc.

(Article 39. Confidentiality)

39-1. A Supported Developer shall not use, or disclose or leak to a third party any of DOCOMO’s technical, commercial, or operational information disclosed by DOCOMO either orally or in writing with regard to its Service Provision Agreement, including but not limited to an idea, know-how, invention, drawing, picture, specification, or data (hereinafter called “Confidential Information” ) for those services for which the supported developers can seek support from docomo as mentioned in Article 20. Inquiry to DOCOMO, for any purpose other than provision of API-based Services without a prior written authorization of DOCOMO.

39-2. Notwithstanding the provisions of 39-1, the confidentiality set forth above shall not apply when a Supported Developer can show that the information:

  1. was publicly available at the time of disclosure or acquisition ;
  2. was already in the possession of the Supported Developer at the time of disclosure or acquisition;
  3. becomes publicly available without any fault of the Supported Developer after the time of disclosure or acquisition;
  4. is developed by the Supported Developer on its own independent of the Confidential Information after the time of disclosure or acquisition; or
  5. is duly obtained by the Supported Developer from a third party who has a lawful right to disclose the same and no confidentiality obligation after the time of disclosure or acquisition.

39-3. A Supported Developer shall may disclose the Confidential Information solely to its officers and employees who need to access the Confidential Information to provide API-based Services and have agreed to observe the obligations set forth in the Terms, etc.

39-4. Notwithstanding the provisions of 39-1 and 39-3, when a Supported Developer outsources a part of the job necessary for provision of its API-based Service to a third party, the Supported Developer may disclose the Confidential Information to a third party only to the minimum necessary extent for the provision of its API-based Service by imposing on the third party the obligations equal to or greater than those that the Supported Developer would assume pursuant to the Terms, etc. and on condition that the Supported Developer would monitor the third party appropriately and have it observe the aforesaid obligations. In such a case, the Supported Developer shall be fully liable for any act of the third party and DOCOMO may hold the Supported Developer liable pursuant to the Service Provision Agreement, deeming the acts of the third party as those of the Supported Developer, regardless of the presence of any intention or negligence on the part of the Supported Developer.

39-5. A Supported Developer shall clearly separate all documents, drawings, and any other media (including electronically recorded media) in which the Confidential Information is recorded, and any of their copies and modifications (hereinafter collectively called “Confidential Documents”) from other materials and goods and shall store them with the care of a good manager.

39-6. Without a prior written authorization of DOCOMO, a Supported Developer shall not copy or modify all or any part of the Confidential Documents. A Supported Developer, however, may copy the API Key to a minimum necessary extent for the provision of its API-based Service.

39-7. Upon termination of the Service Provision Agreement due to its expiration, termination, or cancellation, a Supported Developer shall forthwith return the Confidential Documents to DOCOMO or destroy them according to DOCOMO’s instructions.

39-8. A Supported Developer shall observe the provisions of Article 22 in addition to those of this Article in connection with the docomo cloud Information, API Key and API Specification.

(Article 40. Compliance with laws and ordinances)

As Supported Developer shall observe instructions and guidance of its competent authorities and relevant laws as well as the provisions of the Terms, etc.

(Article 41. Elimination of antisocial forces)

41-1. A Supported Developer hereto represents and warrants that it does not and will not correspond to any of the following:

  1. The Supported Developer itself or any of its officers is or was at any time during the past five(5) years a Boryokudan (organized crime group), Boryokudan-in (member of Boryokudan), Boryokudan-jun-kosei-in (associate member of a Boryokudan), Boryokudan-kankei-kigyo (Boryokudan-related company), Sokaiya (corporate extortionist), Shakaiundo-hyobogoro, Tokusyu-chino-boryokusyudan or any equivalent or a member of any equivalent (hereinafter collectively called “Antisocial Forces”);
  2. The Supported Developer has any relationship of which operation is recognized as being governed by Antisocial Forces;
  3. The Supported Developer has any relationship of which operation is recognized as practically involving Antisocial Forces;
  4. The Supported Developer has any relationship recognized as utilizing Antisocial Forces for the purpose of making illegal profits for itself or a third party or causing damage to a third party, etc.;
  5. The Supported Developer has any relationship recognized as supplying funds or providing benefits for Antisocial Forces; or
  6. Any officer of the Supported Developer or anyone who is practically involved in the operation of the Supported Developer has any socially disapproved relationship with Antisocial Forces.

41-2. A Supported Developer hereto warrants that the Supported Developer itself will not engage in any of the following acts by itself or use any third party to conduct any of the following acts:

  1. an act of making violent demands;
  2. an act of making unjustified demands in excess of legal responsibility;
  3. an act of using intimidation or violence in connection with transactions;
  4. an act of spreading false information or using fraudulent means or force to tarnish another party’s credibility or obstruct another party’s business;
  5. any other act equivalent to any of the above-mentioned acts.

41-3. If a Supported Developer violates any provisions of 41-1 and 41-2, DOCOMO may immediately cancel the Service Provision Agreement with the Supported Developer without any requirement to give notice, issue a demand, or go through any other procedures.

41-4. If a Supported Developer finds that the other party with whom the Supported Developer has concluded an agreement (hereinafter called a “Contractor,” who includes all contractors if more than one agreement has been concluded) in order to outsource a job or to purchase row materials, etc. with regard to the provision of its API-based Service, or any other agreement related to its API-based Service (hereinafter collectively called a “Related Agreement) corresponds to any of the following, the Supported Developer shall immediately cancel the Related Agreement and take any other actions necessary:

  1. The Contractor is found to correspond to any of 41-1;
  2. The Contractor is found to conduct or use a third party to conduct any of the acts set forth in 41-2.

41-5. If a Supported Developer breaches any of the provisions of 41-4, DOCOMO may immediately cancel the Service Provision Agreement with the Supported Developer without any requirement to give notice, issue a demand, or go through any other procedures.

(Article 42. Governing Law)

The Terms, etc. and the Service Provision Agreement pursuant to the Terms, etc. shall be governed and construed, as to all matters including their formation, validity, construction, and performance, by and under the laws of Japan.

(Article 43. Jurisdiction)

Any disputes arising in connection with the Terms, etc. shall be submitted to the exclusive jurisdiction of the Tokyo District Court in the first instance.

(Article 44. Consultation)

Matters not stipulated in the Terms, etc. and any other ambiguities which arise in relation to the construction of the Terms, etc. shall be settled through consultation between the Supported Developer and DOCOMO as necessary.

Supplementary Provision

This Terms, etc. shall become effective on November 11, 2013.

Revised: March 31, 2014

Last revised: November 7, 2014

ご利用規約

第1章 総則

(規約の適用)

第1条 このdocomo Developer support機能共通利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)が提供するdocomo Developer support機能(第2条第3号参照)を利用し、サービス利用者(第2条第11号参照)に対してAPI利用サービス(第2条第10号参照)を提供しようとする者とドコモとの間に適用されるものです。

(用語の定義)

第2条 本規約で使用する用語の解釈については、本規約の他の条項で定めるほか、次の各号に定める定義に従うこととします。

  1. 「ドコモサービス契約者」
    ドコモが提供するサービスの利用にかかる契約を締結している者をいいます。
  2. 「ドコモクラウド情報」
    ドコモが提供するサービスに関連して管理している情報のうち、API提供機能を利用してサービス提供契約者(第6号参照)が取得することができる情報として、ドコモがサービスガイドライン(第12号参照)において定める情報をいいます。
  3. 「docomo Developer support機能」
    ドコモがサービス提供契約(第5号参照)に基づいてサービス提供契約者に対して提供する、ドコモクラウド情報の取得、ドコモが提供するサービスに関連して管理している情報に対して情報を追加することなどを可能とする機能(以下、総称して「API提供機能」といいます)及びその他サービス提供契約者からの問合せに対応する機能(以下「問い合わせ機能」といいます)の総称をいいます。なお、docomo Developer support機能の詳細は、サービスガイドラインにおいて定めるとおりとし、本規約とサービスガイドラインの内容に齟齬が生じた場合は、サービスガイドラインが優先的に適用されるものとします。
  4. 「サービス提供契約者追加情報」
    サービス提供契約者が、API提供機能を利用し、ドコモが提供するサービスに関連して管理している情報に対して追加した情報をいいます。
  5. 「サービス提供契約」
    ドコモよりdocomo Developer support機能の提供を受けることを希望する者とドコモとの間で本規約に基づき締結される、docomo Developer support機能の提供に関する契約をいいます。
  6. 「サービス提供契約者」
    ドコモとの間でサービス提供契約を締結している者をいいます。
  7. 「docomo Developer support運用システム」
    docomo Developer support機能の提供の用に供するためにドコモが設置する電子計算機、電気通信設備等をいいます。
  8. 「API仕様書」
    サービス提供契約者がAPI提供機能を利用するに際し、docomo Developer support運用システムにアクセスするために必要となる、docomo Developer support運用システムのアプリケーション・プログラミング・インターフェイス仕様書をいいます。
  9. 「APIキー」
    サービス提供契約者がAPI提供機能を利用するに際し、docomo Developer support運用システムにアクセスするために必要となる認証情報であって、サービス提供契約に基づきドコモがサービス提供契約者に払い出すものをいいます。なお、APIキーには、APIの利用範囲が定義されており、APIキー毎に利用可能なAPI提供機能が異なります。
  10. 「API利用サービス」
    サービス提供契約者が、API提供機能を利用してサービス利用者に対して提供するサービス、アプリケーション等をいいます。
  11. 「サービス利用者」
    サービス提供契約者からAPI利用サービスの提供を受ける者をいいます。
  12. 「サービスガイドライン」
    サービス提供契約者がdocomo Developer support機能を利用するにあたっての条件、docomo Developer support機能の内容等について、本規約とは別にドコモが定めるものの総称をいいます。
  13. 「本規約等」
    本規約とサービスガイドラインの総称をいいます。
  14. 「SNS」とは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスをいいます。
  15. 「ソーシャルログイン」とは、docomo Developer support機能の提供を受けることを希望する者がドコモが別途指定するSNSに登録している自己の情報を用いて、サービス提供契約の申込みを行う機能及びサービス提供契約者が、自己の情報を登録しているSNSからドコモに通知される認証情報により、サービス提供契約者向けポータルサイト(第16号参照)にアクセスすることができる機能の総称をいいます。
  16. 「サービス提供契約者向けポータルサイト」
    ドコモがサービス提供契約者に対して交付するログインID(第5条参照)及びドコモが別に定める方法により申込者(第4条参照)がドコモに登録したパスワード(以下、総称して「ログインID等」といいます)、又はソーシャルログインを用いる方法によりアクセスを許容する、サービス提供契約者がドコモ所定の情報を登録し、かつ、サービス提供契約者がdocomo Developer support機能を利用するうえで必要なドコモの技術情報や連絡事項等を閲覧することを目的とするWEBサイトをいいます。

(本規約等の変更)

第3条 ドコモは、あらかじめ、サービス提供契約者向けポータルサイトへの掲載その他ドコモが適当と判断する方法でサービス提供契約者に通知することにより、サービス提供契約者の同意を得ることなく、いつでも本規約等を変更することができるものとし、変更後は、ドコモが別に定める場合を除き、変更後の本規約等が適用されるものとします。

第2章 サービス提供契約

(サービス提供契約の申込)

第4条 docomo Developer support機能の提供を受けることを希望する者は、本規約に基づき別途ドコモとの間でサービス提供契約を締結しなければならないものとします。

  1. サービス提供契約の申込みをする者(以下「申込者」といいます)は、ドコモが別に定めるサイトにアクセスし、本規約に同意した上で、ドコモが別に定める方法により必要事項をドコモに通知し、サービス提供契約の申込みを行うものとします。

(アカウントの作成等)

第5条 ドコモが、前条に定める申込みを受領し、申込者に対しサービス提供契約者向けポータルサイトへのログイン時に必要なID(以下「ログインID」といいます)を通知した場合、当該通知をドコモの承諾の意思表示とみなし、ドコモがログインIDを申込者に対して通知した時点をもって、申込者とドコモとの間のサービス提供契約が成立するものとします。

(変更の届出)

第6条 サービス提供契約者は、氏名若しくは名称、住所、電話番号、メールアドレス等、本規約等に従いドコモへ届け出た内容(第18条第1項に定める利用申請届出事項及び第19条第1項に定める商用URL等を含み、以下「届出内容」といいます)を変更する場合は、その旨及び変更内容をドコモが別に定める方法により事前にドコモに届け出るものとします。なお、届出内容に変更があったにもかかわらず、ドコモに届出がないときは、本規約等に定めるドコモからの通知については、ドコモが届出を受けている氏名若しくは名称、住所又はメールアドレス等(以下「届出連絡先」といいます)への通知をもってその通知を行ったものとみなします。

  1. 前項の届出があったときは、ドコモは、届出にかかる変更の事実を証明するための公的書類その他の書類の提出を求める場合があります。この場合、サービス提供契約者は、ドコモの要請に従い、ドコモが指定する書類をドコモに提出するものとします。

(通知)

第7条 ドコモは、本規約等に基づくサービス提供契約者への通知を、届出連絡先への郵送等による通知、サービス提供契約者向けポータルサイトへの掲示その他の別途ドコモが適切と判断する方法により実施することとします。

  1. ドコモが、サービス提供契約者への通知をサービス提供契約者向けポータルサイトへの掲示の方法により行った場合、ドコモが掲示を行った日から7日間が経過した時点で当該通知がサービス提供契約者に到達したものとみなします。
  2. ドコモが、サービス提供契約者への通知を電子メールにより行った場合、当該通知は、当該電子メールがドコモの送信用電子計算機から発信された時点でサービス提供契約者に到達したものとみなします。なお、サービス提供契約者は、万が一ドコモから通知された当該電子メールが文字化けその他のデータ化け等により読み出し不能な場合には、直ちにドコモに連絡し、その内容についてドコモに確認を求めるものとします。
  3. ドコモが、サービス提供契約者への通知を郵送により行った場合、当該通知は通常到達すべきときに到達したものとみなします。
  4. ドコモが、届出連絡先に対して通知を行い、相当の期間を定めて当該通知において指定したドコモの連絡先への連絡を求めたにもかかわらず、サービス提供契約者が当該期間内に当該連絡先に対して連絡を行わない場合、サービス提供契約者が、第12条第2項第15号に該当するものとみなすことができるものとします。

(契約期間)

第8条 サービス提供契約の有効期間は、サービス提供契約の成立日から1年間とします。ただし、期間満了の1ヶ月前までにドコモ又はサービス提供契約者のいずれからも特段の申出がない限り、期間満了日の翌日から1年間更新されるものとし、以降もまた同様とします。

(権利義務の譲渡禁止)

第9条 サービス提供契約者は、サービス提供契約に基づきドコモに対して有する権利又はドコモに対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供してはならないものとします。

(契約上の地位の承継)

第10条 相続、会社合併又は会社分割等法定の原因に基づき、サービス提供契約におけるサービス提供契約者としての契約上の地位の承継があったときは、当該地位を承継した者は、ドコモが別に定める方法に従い、ドコモに対し、その旨を承継の原因となった事実を証明する公的書類を添えて速やかに届け出るものとします。

(サービス提供契約者が行うサービス提供契約の解約)

第11条 サービス提供契約者は、サービス提供契約を解約しようとするときは、ドコモが別に定める方法に従い、サービス提供契約者向けポータルサイトを通じてドコモに通知することにより、サービス提供契約を解約できるものとします。

(ドコモが行うサービス提供契約の解除)

第12条 ドコモは、サービス提供契約者が本規約等の定めの一にでも違反した場合、又は第15条第1項に基づきdocomo Developer support機能の利用の全部又は一部が停止された場合、相当の期間を定めてサービス提供契約者に対し当該違反又は当該停止の原因となった事由を是正するよう催告し、当該期間内に当該違反又は当該停止の原因となった事由が是正されないときは、当該期間の経過をもって当然にサービス提供契約の全部又は一部を解除し、ドコモが被った損害(弁護士費用その他の費用を含み、以下同じとします)の賠償を請求することができるものとします。

  1. ドコモは、サービス提供契約者が次の各号の一に該当するとドコモが判断した場合、何らの通知又は催告を要せず、直ちにサービス提供契約の全部又は一部を解除し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
    1. 本規約等の定めに違反があり、当該違反の性質又は状況に照らし、違反を是正することが困難であるとき。
    2. 本規約等の定めに違反があり、当該違反の性質又は状況に照らし、爾後サービス提供契約者において違反を是正してもなおサービス提供契約を継続することが困難であるとき。
    3. 本規約等に基づく義務を履行する見込みがないと認められるとき。
    4. ドコモへの届出内容が事実に反していることが判明したとき。
    5. 第22条乃至25条又は第27条に違反したとき。
    6. API利用サービスに関して苦情が多発したとき。
    7. API利用サービスについて、国、地方自治体、その他の公共機関又はそれに準ずる機関からドコモに対し、docomo Developer support機能の提供について中止等の要請があったとき。
    8. 支払の停止があったとき、支払不能の状態に陥ったとき、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算開始の申立てがあったとき、手形交換所の取引停止処分を受けたとき、又は仮差押え、保全差押え若しくは差押処分を受けたとき。
    9. 監督官庁から営業停止や許可取消しの指示を受けたとき。
    10. サービス提供契約者又はサービス提供契約者の取締役、監査役、その他の役員若しくは従業員(臨時雇用の従業員を含みます)が、法令等に違反した容疑で逮捕又は起訴されたとき(ただし、役員以外については、 API利用サービスに関連して逮捕又は起訴されたときに限ります)。
    11. 第三者になりすましてサービス提供契約の申込みを行い、又はdocomo Developer support機能を利用したとき。
    12. ドコモに重大な危害又は損害を及ぼしたとき。
    13. docomo Developer support機能を1年以上利用していないとき。
    14. 所在が不明となったとき又は連絡が不可能となったとき。
    15. その他サービス提供契約の提供を継続できないと認められる相当の事由があるとき。

(docomo Developer support機能の追加・廃止)

第13条 ドコモは、docomo Developer support機能に新たな機能を追加する場合があります。

  1. ドコモは、docomo Developer support機能の全部又は一部を廃止する場合があります。この場合、ドコモは、あらかじめ廃止日をサービス提供契約者に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  2. 前項の場合、当該docomo Developer support機能の全部又は一部の廃止日をもって、当該廃止にかかるサービス提供契約も当然に終了するものとします。

(docomo Developer support機能の提供中止)

第14条 ドコモは、次の各号のいずれかに該当する場合、docomo Developer support機能の全部又は一部の提供を一時的に中止することがあります。

  1. docomo Developer support運用システムの保守上又は工事上やむを得ないとき。
  2. docomo Developer support運用システムの障害その他やむを得ない事由が生じたとき。
  3. 電気通信サービスの停止等によりdocomo Developer support機能の提供を行うことが困難になったとき。
  4. 災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要するとき。
  5. ドコモがdocomo Developer support機能の全部又は一部を中止することが望ましいと判断したとき。
  1. ドコモは、第1項に基づきdocomo Developer support機能の全部又は一部の提供を中止する場合は、あらかじめその旨をドコモが適当と判断する方法でサービス提供契約者に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

(docomo Developer support機能の利用停止)

第15条 ドコモは、次の各号の一に該当する場合は、何らの通知を要することなく、サービス提供契約者に対するdocomo Developer support機能の全部又は一部の提供を停止することができるものとします。

  1. 第12条第2項各号の一に該当する場合
  2. サービス提供契約者が第24条に違反し、又は違反するおそれのあるとき。
  3. その他サービス提供契約者が本規約等に違反したとき。
  4. サービス提供契約者が、docomo Developer support機能を直接又は間接に利用する者(他のサービス提供契約者を含みます)の利用に対し重大な支障を与える態様において、docomo Developer support機能を利用したとき。
  5. サービス利用者又はドコモサービス契約者に重大な支障を与え、又はそのおそれがある態様において、docomo Developer support機能を利用し、又はAPI利用サービスを提供したとき。
  6. その他ドコモの業務の遂行上支障があるとドコモが認めたとき。
  1. ドコモは、前項の定めにかかわらず、サービス提供契約者に対し、前項の措置に替えて又は前項の措置とともに期限を定めて前項各号の事由を解消すべき旨を求めることができます。
  2. 本条に基づく措置は、第12条に基づきドコモがサービス提供契約を解除することを妨げるものではないものとします。

(サービス提供契約終了時等の措置)

第16条 サービス提供契約が期間満了、解約、解除等により終了した場合であっても、第9条、本条、第22条、第24条、第32条、第33条第2項、第34条、36条乃至第39条、第42条及び第43条の定めは引き続きその効力を有するものとします。

  1. サービス提供契約者は、サービス提供契約が期間満了、解約、解除等により終了した場合、docomo Developer support機能を利用して取得したドコモクラウド情報の全てを直ちに削除するものとします。また、この場合、ドコモは、自らが必要と判断した場合、サービス提供契約の有効期間中に追加されたサービス提供契約者追加情報の全部又は一部を、ドコモの裁量により、ドコモが提供するサービスに関連して管理している情報から削除することができるものとします。
  2. サービス提供契約者は、サービス提供契約の終了に伴いAPI利用サービスの全部又は一部の提供を終了する場合、当該API利用サービス終了の30日前までにサービス利用者全てが合理的に知りうる方法により、サービス利用者に対し周知を行うものとします。

第3章 API提供機能の提供

(API提供機能の提供)

第17条 ドコモは、第19条に基づきAPIキーの本登録が完了した時点以降、当該APIキーの発行に関して第18条に基づきドコモの承認を得た利用申請届出事項(第19条第1項に基づきAPIキーの本登録申請が必要な場合は、当該APIキーの発行に関して第18条に基づきドコモの承認を得た利用申請届出事項及び第19条に基づきドコモの承認を得た商用URL等)で特定されるAPI利用サービスについて、サービス提供契約者に対してAPI提供機能を提供します。

  1. サービス提供契約者は、API提供機能を利用するにあたっては、本規約等を遵守し、API仕様書に従ってdocomo Developer support運用システムにアクセスするものとします。
  2. ドコモは、サービス提供契約者向けポータルサイトへの掲載の方法により、API仕様書をサービス提供契約者に開示します。なお、ドコモは、API仕様書を変更する旨を変更後のAPI仕様書とともに、サービス提供契約者に通知することにより、サービス提供契約者の同意を得ることなく、いつでもAPI仕様書を変更することができるものとし、ドコモが別に定める場合を除き、変更後のAPI仕様書が適用されるものとします。

(API提供機能の利用申請)

第18条 サービス提供契約者(本項に基づき利用申請を行ったサービス提供契約者を「利用申請者」といいます)は、API提供機能を利用するに先立ち、API利用サービス毎に、ドコモが別に定める方法に従い、API利用サービスの名称及び内容、API提供機能及びドコモクラウド情報の利用目的、利用申請を行うAPIキーその他のドコモが別に定める事項(以下「利用申請届出事項」といいます)を届け出たうえで、docomo Developer support機能の利用申請を行い、申請を行ったAPI提供機能によっては、ドコモの審査を受ける必要があります。なお、ドコモの審査の内容は、サービス提供契約者が利用申請するAPIキー毎に異なります。また、API利用サービスによっては、本登録申請に際して、ドコモが定める利用条件に別途同意して頂く必要があります。

  1. ドコモは、前項に基づくサービス提供契約者の利用申請があった場合は、当該利用申請に対する承諾の可否を判断するものとします。なお、ドコモは、次の各号に定める事由の一にでも該当する場合は、利用申請を承諾しないことがあります。
    1. 利用申請者が、サービスガイドラインに定める条件を満たしていないとき又はそのおそれがあるとき。
    2. ドコモが技術上又は業務の遂行上支障があると判断したとき。
    3. 利用申請者が第15条第1項に基づきdocomo Developer support機能の利用を停止され、又は第12条第1項若しくは第2項若しくは第41条第3項若しくは第5項に基づきサービス提供契約の解除を受けたことがあるとき。
    4. 利用申請者がドコモに対する債務(本規約等に基づく債務以外の債務を含みます)の履行を現に怠り、又は怠るおそれがあるとき。
    5. 届出内容に虚偽又は事実に反する内容が含まれるとドコモが判断したとき。
    6. 利用申請者が未成年(20歳未満)であるとき。
    7. 日本法人(国または地方公共団体及びそれらの機関でドコモが認めるものを含みます)でないとき。
    8. その他ドコモが不適当と判断したとき。
  2. ドコモは、第1項に基づく審査の結果、利用申請を承諾する場合には、その旨をサービス提供契約者に通知し、サービス提供契約者に対しAPIキーを発行します。なお、APIキーは、次条に基づき本登録がなされるまでの間は、API提供機能の利用に用いるサービス提供契約者のシステムの試験目的でのみ利用可能なものであり、一部機能に制限が設けられています。サービス提供契約者は、本登録がなされていないAPIキーを用いて取得したドコモクラウド情報をシステム試験以外の目的で利用してはならないものとします。
  3. ドコモは、第1項に基づく審査の結果、利用申請を承認しない場合には、その旨をサービス提供契約者に通知します。この場合において、サービス提供契約者がなおAPI提供機能の利用を希望するときは、サービス提供契約者は、利用申請届出事項の修正を行った上で、本条第1項の定めに従い、再度ドコモに対して利用申請を行うものとします。
  4. 第3項に基づき発行されたAPIキーについて、相当の期間内に、次条の定めに基づきAPIキーの本登録がなされない場合(次条に定める本登録申請がなされた場合において、ドコモが本登録申請を承認しなかった場合においても、期間の中断又は延期はなされないものとします)、ドコモは、当該APIキーを無効化することができるものとします。

(APIキーの本登録申請)

第19条 サービス提供契約者は、API提供機能を利用するに先立ち、API利用サービス毎に、ドコモが別に定める方法に従い、商用のAPI利用サービスに用いる、WEBサイトのURL又はアプリケーションソフトウェアのオブジェクトコード(サービス利用者が利用する端末に記録して利用するものに限ります)その他のドコモが別に定める事項(電子ファイルを含み、以下「商用URL等」といいます)を届け出たうえで、APIキーの本登録申請を行い、ドコモの審査を受ける必要があります。

  1. ドコモは、前項に基づくサービス提供契約者の本登録申請があった場合は、当該本登録申請に対する承諾の可否を判断するものとします。なお、ドコモは、前条第2項各号に定める事由の一にでも該当する場合又は商用URL等若しくはAPI利用サービスが利用申請届出事項に記載の内容と相違する場合、本登録申請を承諾しないことがあります。
  2. ドコモは、第1項に基づく審査の結果、本登録申請を承認する場合には、その旨をサービス提供契約者に通知し、前条に基づき発行したAPIキーを本登録します。
  3. 前各項の定めにかかわらず、ドコモが別途定めるAPI提供機能については、前条に基づくサービス提供契約者の利用申請に対するドコモの承諾をもって、当該API提供機能に関して発行されたAPIキーが本登録されたものとみなします。
  4. ドコモは、第1項に基づく審査の結果、本登録申請を承認しない場合には、その旨をサービス提供契約者に通知します。この場合において、サービス提供契約者がなおAPI提供機能の利用を希望するときは、サービス提供契約者は、商用URL等又はAPI利用サービスの修正を行った上で、本条第1項の定めに従い、再度ドコモに対してAPIキーの本登録申請を行うものとし、サービス提供契約者がAPI提供機能の利用を希望しないときは、サービス提供契約者は、速やかにドコモが別に定める方法に従い、前条に基づき発行されたAPIキーの無効化を求めるものとします。

第4章 問い合わせ機能の提供

(ドコモへの問い合わせ)

第20条 サービス提供契約者は、ドコモが別に定める方法に従い、サービス提供契約者向けポータルサイトを通じて、API提供機能及びAPI利用サービス、ドコモの「作ろうスマートフォンコンテンツ」及び「作ろうiモードコンテンツ」の各Webサイトにおいて掲載されているサービス等、並びに、その他ドコモが別途定める事項に関する問い合わせを行うことができます。

  1. ドコモは、前項に基づくサービス提供契約者からの問い合わせに対して誠実に対応するものとします。ただし、ドコモはサービス提供契約者からの全ての問い合わせに回答することを保証するものではありません。
  2. 本条に基づきサービス提供契約者がドコモに対して行った問い合わせ内容及び当該問い合わせに対するドコモからの回答内容については、ドコモは、ドコモが提供するサービスの品質向上の目的のため、サービス提供契約者向けポータルサイト、その他ドコモが別途管理運営するWEBサイトにおいて公表する場合があります。
  3. ドコモは、本条に基づくサービス提供契約者からの問い合わせに対する回答の業務について、ドコモが別途指定する第三者に委託することができるものとし、かかる場合、当該委託に必要な範囲で、サービス提供契約者に関する情報及び問い合わせ内容を当該委託先の第三者に対して提供するものとします。

第5章 サービス提供契約者の義務

(サービス提供契約者の責任)

第21条 サービス提供契約者は、自己の責任においてdocomo Developer support機能及びドコモクラウド情報を利用し、かつ、API利用サービスを開発、提供するものとし、docomo Developer support機能又はドコモクラウド情報の利用、API利用サービス及びサービス提供契約者追加情報について一切の責任を負うものとします。

(API提供機能の利用上の義務)

第22条 サービス提供契約者は、API提供機能及びAPI提供機能を利用して取得したドコモクラウド情報を、API提供機能の利用(ドコモクラウド情報の利用については当該ドコモクラウド情報の取得にかかるAPI提供機能の利用を指します)に際して利用したAPIキーに関して、第18条に基づきドコモの承認を得た利用申請届出事項において特定された利用目的の範囲内で、かつ、当該利用申請届出事項及び第19条に基づきドコモの承認を得た商用URL等で特定される、ドコモの承認を受けたAPI利用サービスの提供の目的においてのみ利用するものとし、当該範囲を超えて如何なる利用も行ってはならないものとします。

  1. サービス提供契約者は、APIキーについて、改変、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳又はその他の解析行為を行ってはならないものとします。
  2. サービス提供契約者は、API提供機能を利用してサービス提供契約者追加情報を追加する場合、追加するサービス利用者の範囲及び追加情報について明示的に説明したうえで、サービス利用者より求めがあった場合に限り実施するものとします。
  3. ドコモは、サービス提供契約者により追加されたサービス提供契約者追加情報について、その内容が不適当と判断したとき、サービス利用者又はドコモサービス契約者その他の第三者から要請があったときなど、自らが必要と判断した場合、当該サービス提供契約者追加情報の全部又は一部を、ドコモの裁量により、ドコモが提供するサービスに関連して管理している情報から削除することができるものとします。
  4. サービス提供契約者は、API仕様書をAPI利用サービスの提供の目的においてのみ利用するものとし、当該範囲を超えて如何なる利用も行ってはならないものとします。また、サービス提供契約者は、API仕様書について、複製、改変、翻訳等の行為を行ってはならないものとします。
  5. サービス提供契約者は、情報の収集のみを目的として、API提供機能を利用してはならないものとします。
  6. サービス提供契約者は、ドコモクラウド情報、APIキー及びAPI仕様書を第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
  7. 前項の規定にかかわらず、サービス提供契約者がAPI利用サービスの提供に必要な業務の一部を第三者に委託する場合、サービス提供契約者は、本規約等に基づき自己が負う義務と同等以上の義務を当該第三者に課し、かつ、当該第三者を適切に監督して当該義務を遵守させることを条件として、当該第三者に対してAPI利用サービスの提供のために必要最小限の範囲で、APIキー、ドコモクラウド情報及びAPI仕様書を開示することができるものとします。この場合、サービス提供契約者は、当該第三者の行為について一切の責任を負うものとし、ドコモは、サービス提供契約者の故意又は過失の有無にかかわらず、当該第三者の行為をサービス提供契約者自身の行為とみなし、サービス提供契約者に対してサービス提供契約に基づく責任を問うことができるものとします。

(API利用サービスの変更)

第23条 サービス提供契約者は、第18条に基づきドコモの承認を得た利用申請届出事項若しくは第19条に基づきドコモの承認を得た商用URL等、又はそれらにより特定される、ドコモの承認を受けたAPI利用サービスの変更を行う場合には、事前に、API利用サービス毎に、ドコモが別に定める方法に従い、その旨及び変更内容その他のドコモが別に定める事項を届出たうえで、変更申請を行い、ドコモの審査を受ける必要があります。

  1. ドコモは、前項に基づくサービス提供契約者の変更申請があった場合は、当該変更申請に対する承諾の可否を判断し、その結果をサービス提供契約者に通知します。なお、ドコモの審査の内容については、第18条及び第19条に準じます。
  2. 前項に基づきドコモより変更申請の承諾の通知があった場合に限り、変更の効力が生じるものとします。

(API利用サービス内容等の保証事項)

第24条 サービス提供契約者は、API利用サービスの内容(サービス提供契約者追加情報並びにAPI利用サービスに関係するソフトウェア及びWEBサイトを含みます)及びその名称等(以下、総称して「API利用サービス等」といいます)について、次の各号に定める事項を保証するものとします。

  1. ドコモ又は第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、氏名権、肖像権その他の権利を侵害せず、不正競争防止法に違反するものでないこと。
  2. ドコモ又は第三者の名誉又は信用を毀損せず、他者の財産又はプライバシーを侵害するものでないこと。
  3. ドコモ若しくは第三者を不当に差別若しくは誹謗中傷し、又はそれらを助長するものでないこと。
  4. コンピュータウィルス等の有害なプログラムを含むものでなく、かかるプログラムを送信し、又は送信する機能を含むものでないこと。
  5. 賭博その他の違法なギャンブルを行わせ、又は賭博その他の違法なギャンブルへの参加を勧誘するものでないこと。
  6. 自己又は他人の生命又は身体の安全を害するおそれのある行為を助長し、又は促進するものでないこと。
  7. グロテスク、露骨な性描写、児童ポルノ若しくは児童虐待にかかる表現、その他残虐若しくはわいせつな表現、又はこれらを連想させる表現をするものでないこと。
  8. 面識のない異性との出会い等を目的とする内容でないこと。
  9. 青少年の家出を誘引・助長する内容でないこと。
  10. 15歳未満のみを対象とする内容でないこと。
  11. その他、犯罪を構成若しくは助長し、公序良俗若しくは法令等に違反し、又はサービスガイドラインに定める基準に反する、又はそれらのおそれのあるものでないこと。
  12. ドコモ若しくは第三者の機器、設備、システム等の利用若しくは運用を妨げ、又はかかる利用若しくは運用に支障を与えないこと。
  13. ドコモ若しくは第三者の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、又は消去する機能を有しないこと。
  14. 次に掲げるスパム行為を行わないこと。
    1. スパム投稿 API提供機能を用いて書き込み可能な箇所に、同一又は類似の語句・文章を書き込む行為。
    2. スパムワード API提供機能を用いて書き込み可能な箇所に、当該箇所と無関係若しくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、又は著しく長い文章若しくは大量の語句を書き込む行為。
    3. スパムURL API提供機能を用いて書き込み可能な箇所に、同一のURLを書き込む行為。
    4. その他上記各スパム行為と同等の迷惑をユーザーに与える行為。
  15. ドコモクラウド情報に含まれる個人情報の収集を目的としたものでないこと。
  16. ドコモが提供、提携、若しくは保証していると誤解を与えるおそれのある内容でないこと。
  1. ドコモは、独自の裁量により、前項各号に定める事項が真実であることを確認できる書面の提示を求めることがあり、サービス提供契約者はこれに応じるものとします。
  2. サービス提供契約者は、自己の費用と責任により、ドコモによるAPI提供機能におけるサービス提供契約者追加情報の取扱いに関して必要となる一切の第三者の許諾、承諾を取得するものとします。
  3. API利用サービス等が第1項各号又は前項に定める事項の違反に該当する又は該当するおそれがあるとしてドコモと第三者との間で問合わせ、苦情、紛争等が生じたときは、サービス提供契約者は自らの費用及び責任においてこれを解決し、ドコモを免責せしめるものとします。
  4. 前項にかかわらず、ドコモは、自らが紛争等の解決にあたることが合理的に必要と認められる場合においては、前項に定める第三者との紛争等を自ら解決することができるものとし、この場合、サービス提供契約者は、当該紛争等に関してドコモが被った損害を賠償するものとします。

(API利用サービスの確認等)

第25条 ドコモは、API利用サービスの提供開始後においても、法令及び本規約等の遵守状況の確認、又は、ドコモ若しくはサービス利用者その他の第三者の権利、財産、安全を確保するために、いつでも、API利用サービスについて、クロールその他のモニターを行うなど、弊社が必要と考える措置を講じることができるものとします。

  1. ドコモは、前項に基づく確認などの結果、サービス提供契約者によって提供されるAPI利用サービス等が不適当と判断した場合は、その選択により、第15条に基づく措置と併せて、又は当該措置を経ることなく、当該不適当と判断したAPI利用サービスの変更等の措置をサービス提供契約者に対して求めることができるものとし、サービス提供契約者はこれに応じるものとします。
  2. サービス提供契約者は、第22条乃至第24条又は第27条に違反してAPI利用サービスを提供していることについて自ら了知し、又はドコモからその旨の通知を受けた場合、API提供機能及びドコモクラウド情報の一切の利用を直ちに中止するとともに、その旨ドコモに報告するものとします。

(機器等の準備)

第26条 サービス提供契約者は、本規約等において別に定める場合を除き、自己の責任と費用において、docomo Developer support機能の利用及びAPI利用サービスの提供に必要な機器、ソフトウェア、ネットワーク環境、試験その他の準備を行うものとします。

  1. サービス提供契約者は自己の利用環境に応じて、コンピュータウィルスの感染の防止、不正アクセスの防止及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。

(サービス利用者に関する個人情報等の取扱い)

第27条 サービス提供契約者は、ドコモクラウド情報その他のサービス利用者に関する一切の情報(以下、総称して「個人情報等」といいます)の取扱いについて、次の各号に定める事項を遵守するものとします。

  1. 個人情報の保護に関する法律その他の関係法令及びガイドラインなどを遵守すること。
  2. 個人情報等の取得はAPI利用サービスの提供をする上で必要な範囲内でかつ取得及び利用の目的(API利用サービスにおけるログをドコモに取得させる目的も含みます)をサービス利用者に明示し、その同意を得た上で行うものとし、個人情報等の利用は当該目的の達成に必要な範囲内に限って行うこと。
  3. サービス提供契約者が取得した個人情報等は、善良なる管理者の注意をもって適切に管理及び保管するものとし、サービス利用者の許諾を得ることなく、第三者に開示又は漏洩しないこと。

(ドコモの顧客情報の取扱い)

第28条 サービス提供契約者は、docomo Developer support機能を通じて取得できるドコモクラウド情報を除き、ドコモからサービス利用者の氏名、名称、住所、携帯電話番号その他のサービス利用者に関する一切の情報の提供を受ける権利又は利益を有するものでないことを承諾するものとします。

(サービス提供契約者に関する情報の取扱い)

第29条 ドコモは、docomo Developer support機能の提供に関連して取得したサービス提供契約者に関する情報をドコモが別に定める「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」および本規約等に従って取り扱います。「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」は、ドコモのホームページにてご確認いただけます。

  1. ドコモは、本サービス等に関連して、各種キャンペーン等へのご登録などを募集し、当該キャンペーン等の目的のためにサービス提供契約者の個人情報を利用することがあります。その場合は、当該キャンペーン等の条件をよくご確認のうえご利用ください。
  2. ドコモは、サービス提供契約者に対してdocomo Developer support機能を提供するために、当該docomo Developer support機能の権利者に対して、当該docomo Developer support機能の利用を希望するサービス提供契約者に関する情報を提供する場合があります。

(サービス利用者の保護)

第30条 サービス提供契約者は、API利用サービスの提供にあたり、API利用サービスの利用に関する条件に同意したサービス利用者にのみAPI利用サービスを提供するものとします。

(広告方法、内容等について)

第31条 サービス提供契約者は、API利用サービスの提供にかかる広告(オンラインによる広告を含みます)を行う場合、次の各号に定める事項を遵守するものとします。

  1. 特定商取引に関する法律、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律、消費者契約法、不当景品類及び不当表示防止法その他の関係法令に違反しないこと。
  2. 虚偽、誇大な表現等によりサービス利用者その他一般消費者に誤認を与えるおそれのある表示をしないこと。
  3. ドコモが提供、提携、若しくは保証していると誤解を与えるおそれのある表示をしないこと。
  4. 公序良俗に反する表示又は社会風俗に悪影響を与えるおそれのある表示をしないこと。
  5. 法令に反する内容を含むサイト・媒体、公序良俗に反する内容を含むサイト・媒体、反社会的行為を肯定・礼賛する内容を含むサイト・媒体、異性紹介事業など出会いを目的としたサイト・媒体において広告を行ってはならないこと。

(サービス利用者等に対する問い合わせ対応等)

第32条 サービス提供契約者は、API利用サービスの提供に関する、サービス利用者その他の第三者との間での苦情、問い合わせ又は紛争等(前条に基づくドコモの回答内容に関するものも含み、以下「紛争等」といいます)に対して十分な対応を行う体制を構築するとともに、紛争等が発生した場合は、自らの費用と責任において当該紛争等に対応し、解決するものとします。

  1. ドコモとサービス利用者その他の第三者との間で、API利用サービスの提供に関する紛争等が発生した場合も、サービス提供契約者は、自らの費用と責任をもって当該紛争等に対応しなければならないものとします。
  2. 前二項にかかわらず、やむを得ずドコモが当該紛争等に対応したことにより、その他当該紛争等に起因してドコモに損害が発生したときは、サービス提供契約者は当該損害を賠償するものとします。
  3. サービス提供契約者は、ドコモとサービス利用者その他の第三者との間でAPI利用サービスに関する紛争等が発生したときは、ドコモが当該第三者に対して、サービス提供契約者の氏名若しくは名称、住所、電話番号等の連絡先等のサービス提供契約者に関する情報を開示することにあらかじめ同意するものとします。
  4. サービス提供契約者は、サービス利用者その他の第三者から自己の提供するAPI利用サービス以外のdocomo Developer support機能に関する問い合わせ等を受けた場合には、遅滞なくその旨をドコモに通知するものとします。

第6章 雑則

(商標等の使用許諾)

第33条 サービス提供契約者は、ドコモの事前の承諾を得た場合、ドコモの指定する商標、ロゴマーク等(以下「商標等」といいます)を使用することができるものとします。ただし、サービス提供契約者は、商標等の利用にあたり、ドコモが別に定める商標等の使用にかかるガイドラインを遵守するものとします。

  1. ドコモが、サービス提供契約者による商標等の使用が不適当であると判断し、サービス提供契約者に通知した場合、又はサービス提供契約が終了した場合、サービス提供契約者は、商標等の使用を直ちに中止しなければならないものとします。

(ログインID等及びAPIキー等の管理)

第34条 サービス提供契約者は、ログインID等、ソーシャルログインに必要となるSNSのID及びパスワード(以下「SNSID等」といいます)並びにAPIキーを、自己の費用と責任により厳重に管理し、ログインID等、SNSID等及びAPIキーを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等をしてはならないものとします。

  1. サービス提供契約者が法人の場合、正当な権限を有する従業員以外にログインID等、SNSID等及びAPIキーを利用させてはならないものとします。
  2. サービス提供契約者向けポータルサイトにおいてサービス提供契約者のログインID等及びAPIキーが入力された場合又はソーシャルログインがされた場合は、ドコモは当該サービス提供契約者による利用とみなします。
  3. サービス提供契約者は、ログインID等及びAPIキーの盗難や不正利用、ソーシャルログインの不正利用等の事実を知った場合、直ちにその旨をドコモに通知するものとします。この場合において、ドコモから指示があったときは、これに従い対応するものとします。
  4. ログインID等、SNSID等及びAPIキーの管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等により、サービス提供契約者又はサービス利用者その他の第三者に損害が発生した場合でも、その責任はサービス提供契約者が負うものとし、ドコモは一切責任を負いません。また、ログインID等、APIキー及びソーシャルログインが不正に利用されたことにより、ドコモに損害が生じた場合、サービス提供契約者は、ドコモに対しその損害を賠償するものとします。

(非保証)

第35条 ドコモは、サービス提供契約者に対し、ドコモクラウド情報、APIキー、API仕様書、docomo Developer support機能、docomo Developer support運用システム及び第20条に基づくドコモからの回答内容、その他サービス提供契約に関してドコモがサービス提供契約者に提供した情報(以下、総称して「docomo Developer support機能等」といいます)に関して、以下の各号に記載の事項について一切保証しないものとします。

  1. docomo Developer support機能等について、瑕疵がないこと。
  2. docomo Developer support機能等が、サービス提供契約者が意図する特定の使用目的又は用途に合致し、又は当該使用目的又は用途に照らして信頼性若しくは正確性を有していること。
  3. docomo Developer support機能等が、常時提供可能であること。
  4. docomo Developer support機能等が、第三者の権利を侵害するものではないこと。

(権利の帰属)

第36条 ドコモクラウド情報、APIキー、API仕様書、サービスガイドラインその他ドコモからサービス提供契約者に開示される情報(以下本条において「ドコモ提供情報」といいます)にかかる著作権及び特許権等の知的財産権並びにノウハウ等の一切の権利はドコモ又は第三者に帰属するものであり、別途書面により定める場合を除き、サービス提供契約者はサービス提供契約に基づきドコモ又は第三者より何らの権利の移転又はサービス提供契約において定める以外の使用又は利用の許諾を受けるものではないものとします。

  1. サービス提供契約者は、ドコモ提供情報に基づいて、発明、考案又は意匠の創作をなしたときは、直ちにドコモに通知するものとし、かかる通知後速やかにその発明、考案又は意匠の創作に基づく特許、実用新案登録又は意匠登録を受ける権利の帰属及び実施条件等について、サービス提供契約者とドコモで協議の上必要又は相当と認められる事項を定めるものとします。

(損害賠償)

第37条 サービス提供契約者は、本規約等への違反、その他API利用サービスに関連してドコモ又はサービス利用者その他の第三者に損害を及ぼした場合、ドコモ又は当該第三者に対し損害を賠償するものとします。

(ドコモの無責)

第38条 ドコモは、故意若しくは重大な過失がある場合を除き、いかなる場合においても、サービス提供契約に関してサービス提供契約者に生じる損害について一切の責任を負わないものとします。

  1. ドコモは、第3条に基づく本規約等の変更、第12条若しくは第41条に基づくサービス提供契約の解除、第13条に基づくdocomo Developer support機能の廃止若しくはサービス提供契約の終了、第14条に基づくdocomo Developer support機能の提供中止、第15条に基づくdocomo Developer support機能の利用停止、第16条若しくは第22条に基づくサービス提供契約者追加情報の削除、第17条に基づくAPI仕様書の変更、第20条に基づくドコモからの回答内容その他本規約等に基づく措置により、サービス提供契約者又はサービス利用者その他の第三者に生じた損害が生じたとしても、一切責任を負いません。

(秘密保持)

第39条 サービス提供契約者は、ドコモの事前の書面による承諾なくして、サービス提供契約者がサービス提供契約に関してドコモから口頭又は書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データ等のドコモの技術上、営業上及び業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を、第20条に基づきサービス提供契約者がドコモに対して問い合わせを行うことができるサービス等(以下「API利用サービス等」といいます)の提供以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩しないものとします。

  1. 前項の定めにかかわらず、サービス提供契約者が次の各号の一に該当することを立証した情報は、秘密情報に含まれないものとします。
    1. 開示され又は知得する以前に公知であった情報。
    2. 開示され又は知得する以前に自らが既に保有していた情報。
    3. 開示され又は知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報。
    4. 開示され又は知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報。
    5. 開示され又は知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報。
  2. サービス提供契約者は、API利用サービス等の提供のために秘密情報を知る必要のある自己の役職員で、本規約等に定める義務を遵守することに同意している者のみに秘密情報を開示することができるものとします。
  3. 第1項及び第3項の規定にかかわらず、サービス提供契約者がAPI利用サービス等の提供に必要な業務の一部を第三者に委託する場合、サービス提供契約者は、本規約等に基づき自己が負う義務と同等以上の義務を当該第三者に課し、かつ、当該第三者を適切に監督して当該義務を遵守させることを条件として、当該第三者に対してAPI利用サービス等の提供のために必要最小限の範囲で、秘密情報を開示することができるものとします。この場合、サービス提供契約者は、当該第三者の行為について一切の責任を負うものとし、ドコモは、サービス提供契約者の故意又は過失の有無にかかわらず、当該第三者の行為をサービス提供契約者自身の行為とみなし、サービス提供契約者に対してサービス提供契約に基づく責任を問うことができるものとします。
  4. サービス提供契約者は、秘密情報が記録された全ての文書、図画、その他の媒体(電磁的に記録されたものを含みます)並びにそれらの複製物及び改変物(以下併せて「秘密書類」といいます)を他の資料及び物品等と明確に区別し、善良なる管理者の注意をもって保管するものとします。
  5. サービス提供契約者は、事前にドコモの書面による承諾を得ない限り、秘密書類の全部又は一部を複製又は改変することはできないものとします。但し、APIキーについては、API利用サービス等の提供のために必要最小限の範囲で複製することができるものとします。
  6. サービス提供契約者は、サービス提供契約が期間満了、解約、解除等により終了した場合、速やかにドコモの指示に従い、秘密書類をドコモに返還し、又は破棄するものとします。
  7. サービス提供契約者は、ドコモクラウド情報、APIキー及びAPI仕様書については、本条の規定のほか、第22条の規定を遵守するものとします。

(法令等の遵守)

第40条 サービス提供契約者は本規約等の定めに従うほか、監督官庁の指示、指導及び関係法令等を遵守するものとします。

(反社会的勢力の排除)

第41条 サービス提供契約者は、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。

  1. 自ら又は自らの役員が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下、総称して「暴力団員等」といいます)であること
  2. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
  3. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  4. 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
  6. 自らの役員又は自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  1. サービス提供契約者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  2. サービス提供契約者が前二項に違反した場合、ドコモは通知又は催告等何らの手続きを要しないで直ちにサービス提供契約を解除することができるものとします。
  3. サービス提供契約者は、API利用サービスの提供に関して業務を委託する契約、原材料等を購入する契約その他API利用サービスに関連する契約(以下総称して「関連契約」といいます)の相手方(以下「委託先事業者」といい、関連契約が数次に渡る場合は、その全てを含みます)が次の各号に該当したときは、速やかに関連契約の解除その他の必要な措置を取らなければならないものとします。
    1. 委託先事業者が第1項各号に該当することが判明したとき
    2. 委託先事業者が自ら又は第三者を利用して、第2項各号に掲げる行為をしたとき
  4. ドコモは、サービス提供契約者が前項に違反した場合は、通知又は催告等何らの手続きを要しないで直ちにサービス提供契約を解除することができるものとします。

(準拠法)

第42条 本規約等及び本規約に基づくサービス提供契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

(合意管轄)

第43条 本規約等に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(協議事項)

第44条 本規約等に定めのない事項及び解釈上疑義の生じた事項については、必要に応じてサービス提供契約者とドコモとの間で協議のうえ定めるものとします。

以上

附則

本規約は平成25年11月11日から実施します。

平成26年3月31日 改訂

平成26年11月7日 改訂