Home Supports Tech Blog hackathon SmartLife Hack in仙台@7/5-6レポート

hackathon

SmartLife Hack in仙台@7/5-6レポート

Dated: Jul 28th, 2014

7/5-6にかけて、SmartLifeHack@仙台を開催いたしましたので、その様子をレポートします。ドコモ&ドコモ・ベンチャーズハッカソンキャラバン第4弾のイベントです!
今回は、自分の生活、環境、街をより良くする、をテーマにハッカソンを進めていきます。7月2日には、本イベントに先立ってアイデアソンを実施しました。 その時のアイデアはハッカソンイベントでも活用されます。(創出されたアイデアは70以上にも及びました)
これらのアイデアがさらなるアイデアを呼び具現化につながることを期待しつつ、イベント開始です。

ハッカソンイベント開始!


今回のハッカソンのファシリテータは、大阪ハッカソン・仙台アイデアソンでも進行を務めていただいた原亮さん(FandroidEast理事長)です。お忙しい中本当にありがとうございます!そして今回も、たくさんのパートナー企業さま、メンターさまにお越しいただきました。 イベントにお越しいただいた参加者は17名!少数精鋭で2日間、アイデアをだし、作品を創出します。

アイデアソン

アイデアソンでは、自分が純粋にほしいもの、困っていることを満たしたり、改善したりと、比較的自由のある中で、アイデアを創出してもらいました。
ハッカソンでは1つだけ条件を付けました。それはパートナー企業様のAPIやツールを最低1つ使うこと。
アイデアソンのアイデアをベースに、このAPI使えたらアイデアが楽しくなる、このツール使うと課題が解決しそう、など“技術”を軸にアイデアを膨らませていきます。



パー トナー企業さんからAPIやツールの説明をいただくことで、アイデアのヒントをもらい、いざ個人ワークへ。
アイデアソンでも相当な数のアイデアがでましたが、そこからさらに新しいアイデアが生まれるのは本当に驚きですね。
ずらりと並んだアイデアを1件1件吟味し、★をつけていく作業。

チームビルド

メンターやスタッフも参加し、★の多い上位6アイデアを発案者から説明。みなさん、“熱”がこもってます。参加者の皆さんも自分のJOINするアイデアを吟味しています。
熱意枠にも手が上がり、文字通り熱意をもってアイデアをプレゼンしていただきました!
最終的に全4アイデアに参加者がJOINし、いよいよチーム作業が開始!これから長い長い開発の時間が始まります。

ネットワーキング

会場の都合もあって、今回のイベントでは初日にネットワーキングを行いました。
各チームの中間報告。他の会場よりも初日の進捗がとても進んでいるように感じました。
また、明日への活力を!とのことで「まんさくの花」というお酒を差し入れいただきました。
ラベルに注目、蔵内限定酒です!嬉しい♪
さらに仙台市の白岩さんにも駆けつけていただき、明日への激励をいただきました。ネットワーキングの時間も惜しんでプログラミングを行うチームもありました!熱意が素晴らしい!!
ここで、一日目終了。

2日目開始


2日目の朝です。「昨日の夜も作業を頑張った人いますか?」という原さんの声に反応は…ゼロ。つまり、初日の進捗が良好だということですね!計画的な作業ができますね!ひょっとするとワールドカップをみていた参加者もいたのでは…

太極拳!?

2日目の朝は、体操からスタートです。
体操、といってもラジオ体操ではありません。
なんと太極拳!仙台ITコミュニティで太極拳の普及をされている田中さんにご指導いただきました。ありがとうございました。

体も目覚めたところで、さっそくの作業の開始。戦士の休息は束の間です。Let’sHack。

伊達ロックFES!


昼食をとりに外に出たところ、近くで伊達ロックFESという屋外イベントが開催中でした。
ハッカソンと同じく土日のイベントというだけで一方的に親近感を感じました。
非常に活気のあるイベント、地元の方が有志で開催されているとのことでした、活気で負けるわけにはいきませんね♪
参加者も、日差しを浴びながらの昼食タイム、この後は最後の追い込みですよ。

プレゼンテーション

2 日間のプログラムも大詰め。最終プレゼンです。
プレゼンは当初4チーム、だったのですが、なんと!飛び入りで2チーム、exhibitionとして参戦です。
1チームは日経とドコモのメンター&スタッフチーム!参加者の皆さんに触発され、作業の合間にちょこちょことつくりなんとかデモにこぎつけました。ニュースをビートに乗せて楽しく伝えたいという日経APIとドコモ音声合成APIのコラボレーションでした。

そして、もう一つの飛び入りはBokucoco。こちらは個人で掛け持ちエントリーです。
COCOROBOを活用し、常に横にいてくれる移動型の机を制作、作業現場の機能改善を行いたい、という作品でした。

そして、ここからは投票対象の作品プレゼンです。

チーム名:ごっどふぁーざーふぁしりてーしょんず

■ごっどふぁーざーふぁしりてーしょんず
■使用APIなど:HVC、COCOROBO、ドコモAPI
ファシリテーションシステムを擬人化する。

参加者の様子を可視化(程よい緊張感を演出)タイミングを見計らった話題提供による会議の活性化COCOROBOが休憩を提案する、など。
4人(?)のファシリテータにより会議を円滑に進めるサービス。

チーム名:カラフル

■七夕 願いが降る町
■使用APIなど:VUZIX STAR1200XL-Dm、ドコモ音声認識API

短冊に書かれた願いがウェアラブルグラス越しに見える。
Twitterから短冊を拾って表示することが可能で、誰が描いた願いがどこにあるかわかる。
声に出した願いが短冊に加わる。

チーム名:嫁来た!

■嫁来た!
■使用APIなど:iBEACON、HUE、COCOROBO、日経API

嫁が来るとサーバに通知し、HUEのライトが光る。
見ていたWEBサイトもまじめなサイトに切り替えてくれる。
嫁の機嫌を伺うために、COCOROBOが働いたり愛の言葉をささやいたりする。
写真はムービー(力作!)上映中。

■FeelGoodメーター
■使用APIなど:HVC、ドコモ音声認識API、ドコモ音声合成API

表現や会話で楽しさを共有。
その場の盛り上がり度数を、笑顔が写った回数や発せられたキーワードの数などを利用して数値化し、感情の可視化その場の楽しさの判定、共有を行う。

チーム名:クリエイトウェイ!

笑顔の測定中(デモ)


プレゼンは全6作品をもって終了。どれも独創的でワクワクし、欲しくなるサービスばかりでした。

結果発表

参加者全員の投票でその地区のシードが決定する、というのが今回のハッカソンキャラバンのルールです。
全員の投票の末、最優秀賞に選ばれたのは。。。

「嫁来た!」でした。おめでとうございます。

アイデアソンの際、熱意枠でエントリーし、2人で仕上げた作品です。
プレゼンのムービーにそのまま熱意が乗せられていて、見る人全員が「本当にほしいんだな」と共感したと思います。
作品を作るうえで一番大切なのは、「これをやりたい!」という気持ちであることを、改めて感じさせられた作品でした。
是非、本選までにブラッシュアップして、本当にほしかった姿でプレゼン・デモをしていただきたいと思います。
そして、今回は特別賞として仙台箪笥協同組合さまより、なんと、木製のスマフォスタンドの提供がございました!
特別賞は技術メンターの有山さんに選定いただきました。
選ばれたのは、飛び入り参加をしたBokucocoです。有山さんからは、着想もさることながら、COCOROBOと自作のテーブル台に臆することなく自身のMACをその上にのせ、不安なそぶりを見せない、自身の作品への信頼が素晴らしい、と会場も納得のコメントをいただきました。
おめでとうございます。お二人の笑顔、素敵です!

最後は記念撮影。
前回の札幌ハッカソンから定番になったDマークでの写真撮影。
決して、宇宙警備隊の模倣ではございません♪
そして、今回はもう一つ。
運営でサポートをいただいているネオスの藤川さんが著された「これからはじめるプロジェクションマッピング」を1冊提供いただいたのですが、予想を上回る大人気!
じゃんけん大会での争奪戦が始まりました!!勝者はなんと・・・技術メンターの佐々木さん!!
これには会場もブーイングwでも、とても無邪気な佐々木さんを見て、きっと誰よりもこの本を活用していただけるだろう、と感じました。

最後に


今回のハッカソンは会場のキャパシティなどもあり、他の会場に比べて少人数でのハッカソンでした。
しかし、その分、参加者とメンター、スタッフが触れ合う機会も多く、つながりを強く持てたと思います。
また、お酒の差し入れをいただいたり、太極拳を指導いただいたり、ハッカソンの様子を案じて駆けつけていただいたり、と、地域全体が開発者の取り組みを支援する、非常にリレーションシップの深いコミュニティだな、と感じました。
青森や秋田、福島からもご参加いただいており、これは東北一体のハッカソンだった、と思っています。そこで生まれた4作品はそれぞれにオリジナリティがあり、ハッカソンをゴールにするの はもったいないアイデアばかりでした。
アプリコンテスト応募作品はハッカソンとは異なる軸で審査されるため、是非、ここで終了ではなく、コンテストにエントリーを一つの目標にして、更なる進化を目指してほしいです。

アプリコンテスト開催

アプリ募集期間:2014年7月17日~7月31日 24時
受賞式:2014年8月下旬
詳しくはコチラhttps://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=common_page&p_name=appcontest_2nd

Contact Us
We can support you by answering your queries with regard to "docomo Developer Support" and "Tsukuro Smartphone/i-mode contents". Please check our FAQs and contact us here in case you cannot find a solution.